fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2023.7.8~9 サウスヒルズ



ふたたび 最高に贅沢な時間を過ごすため この地へ。



この日は30℃超えの予報。
出発前に荷物を積み込んでいる時から すでに”モワっと”した感じの暑さが。

抜けるような青空の下 軽快に車を走らせ北見に到着。
前回も感じたんだけど 実際の距離の割には
あっという間に早く着く印象。
道中の景色に飽きることなく 最後のほうの
程よいところで高速に乗れるのが なお良いのかも。

前回同様 早めの昼食を”彩”でとってから
サウスヒルズ入り。

20230708_131347.jpg

今回は キッカーサイトで景色を楽しめる。

20230708_131602.jpg

モニグロのほかにも タープを張ることができて良かった。
サイトの大きさ的には これでちょうどピッタリくらい。
タープの日陰で 強烈な陽射しを遮ることができた。

20230708_150305.jpg

「生ビールもやってます」という オーナーさんの話を聞いて
さっそく調達。
あぁ~ やっぱりたまらんなぁ~。
タコのカルパッチョをつまみに クイクイっと飲み進む。

20230708_174628.jpg

夕暮れ時が近づいても 相変わらず快晴。
これは キレイな夕陽に期待が高まる。

20230708_183839.jpg

だんだんと 陽が落ちてきた。

20230708_184122.jpg

ここは 夜景ももちろんキレイだけど
夕陽も良いよね。

20230708_185214.jpg

山並みの稜線に向かって沈んでいく 夕陽が素敵。

20230708_185500.jpg

まだ薄明るい時間から焚き火を始め

20230708_200258.jpg

夜景が際立つくらいまで 辺りが暗くなるのを静かに待つ。

20230708_205301.jpg

すっかり暗くなってから 
カミさんとまた 写真をいろいろ撮ってみたり
焚き火をじっくりと眺めたり。
星もキレイに見えたので ときどき夜空も見上げてみたり。

21時過ぎに 「ドーン ドーン」と
何度も大きな音が聞こえてきたので
ワタシはすっかり 
自衛隊の砲撃訓練でもやっているのかと思っていたら
訓子府のイベントで打ち上げ花火をやっていたらしい。
そんなこんなで 非日常の贅沢な時間を満喫して 就寝。

翌朝も 早い時間からグングンと気温上昇。
朝食を済ませ 撤収もスムーズに進んだので
9時頃には現地を出発。

2日目の活動は 屈斜路方面のキャンプ場巡り。
ずいぶんと前に 訪れたことはあるのだけど
あらためて サイトの広さや荷物運びの利便性など
実際に見て確かめてみたいと思って。

まずは道中 美幌峠に立ち寄り。

20230709_105519.jpg

それから 和琴湖畔キャンプフィールドへ。

20230709_112935.jpg

SUP人気で キャンプのほかにも 日帰りのファミリーがたくさん来ていた。

20230709_113916.jpg

駐車場からの荷物運びは それなりに大変そうだけど
やっぱり 目の前が水辺という景色は素晴らしい。

その次は 砂湯。

20230709_120323.jpg

こっちは SUPよりスワンボート。

20230709_121137.jpg

こっちも 目の前が屈斜路湖という景色は変わらないのだけど
サイトのすぐ背後に道路があって
駐車場からの荷物運びも その道路を横断しなければならないという
なかなか 大変そうだなぁ。

その後の帰り道 オンネトーに寄り道。

20230709_150209.jpg

キャンパーは見当たらなかったけど
登山から帰ってきた人たちが 小屋前で休憩していた。

20230709_150613.jpg

ここでソロキャンしてから もう13年経つんだなぁ。
早いもんだ。
結局 ファミリーでキャンプする機会はなかったなぁ。
さぁ 次はどこへ行こうかな。





[ 2023/07/10 21:43 ] キャンプ2023 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR