fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2005.10.8~10オートキャンプ屈斜路

10月も連休にぶつけて少し遠くへと屈斜路へ向かった。

(上の写真は摩周湖)

朝晩の冷え込みも厳しくなってくる頃なので

これをこのシーズン最後のキャンプと決めた。

でもキャンプといってもテント泊は避け、バンガローを借りた。

電気ストーブも持参でね。だって寒いんだもん。

屈斜路方面へはキャンプ以外では以前から何度も出かけているので

せっかく行くのだから遠回りしていろんなキャンプ場を下見しながら行こう

ということになり、津別峠経由で屈斜路へ。

この津別峠がキビシイところだった。全部舗装なので腹をこすることはないが

途中道幅が狭くなり急勾配・急カーブの連続でなかなかスリリングなところ。

やっとキャンプ場へ到着。場内を見渡す。

前回のアルテンの印象が残っているせいか、やけに寂しい感じがする。

湖はすぐそこだが、サイトからはほとんど見えず、水上バイクを楽しむ人たちの

車の出入りやらで何かと落ち着かない。

気を取り直して、スクリーンタープを設営し、バンガローに寝具を運び込む。

ひととおり終わってくつろぎ始めた頃、ゴォーッという音とともに一気に暴風が

吹き抜けてきた。とてつもない暴風。

管理人さんに聞くと、「この時期は結構吹くからねぇ。」とのこと。

夕方は風も落ち着いたかなと思っていたが、夜中にまたものすごい暴風(猛風?)

思わず外に出てスクリーンの状態を確認。なんとか持ちこたえていたが、

自分も立っているのがやっとというほどの凄さだった。

ここのキャンプ場には遊具がない。なので、時間を持て余してしまいがちになるため、

足を伸ばして摩周湖や砂湯といった周辺の観光地に遊びに行ったり、

弟子屈の公園で子どもを遊ばせた。

そんなことから全体的には、このキャンプ場には特によい印象が残っていない。

ただ、すぐ隣にクアハウス屈斜路という温泉施設があり、

「一人用のスチームサウナ」みたいユニークなものもあるので

それだけがちょっと楽しめたかな。

 

[ 2008/03/22 05:35 ] キャンプ2005 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR