fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

永年勤続表彰&退任式&就任式 ほか諸々の歴史



ついに 新しいのを使うことにした。


詳しくはまた 別の記事で載せるけど
先日 鬼のような勢いで買い物した流れで
楽天をいろいろ眺めてたら・・

「あ これいいな。」 ⇒ 迷わずポチっ。 ⇒ 購入手続き完了 ⇒ 「在庫なし・売り切れ」表示
ヨカッタ~。最後の一本だったんだ。間に合った。

そして待つこと3日目で届いた。
エッジカバー や 初期チューン付きで とても良い。
 
20220202_163617.jpg

SCOOTER の G8。

20220204_162638.jpg

これまでは かれこれ もう15年くらい
K2のDisciple を使っていたのだけど
近年のカラダの衰えに伴い
板の硬さと重さが 負担になってるような気がしてた・・。

で そろそろ 柔らかくて軽めの板が良いかなぁと
以前から思っていたのだけど
なかなか これだ~って思えるモノに出会わず
買うきっかけが なかったところ 
今回は 発見して即決。

グラフィックは奇をてらわず渋めで ウェスト幅は細目で
ノーズやテールの形もオーソドックスで
ソールは真っ黒でワックスの塩梅がわかりやすいモノで
加えて 長さは今までよりちょっと短めで ツインチップでも良いかなと。

20220204_162657.jpg

ダリングと初期ベースワックスは 出荷前に店でやってくれていて
あとは自分で 今日まで3日かけて ワックスをかけまくる。
ベースを4回やって 滑走を1回。
最初の下地づくりはもっとたくさんやれ という話もあるけど・・
もう このくらいでお腹いっぱい。

そうして こんな感じ。

20220204_161914.jpg

さぁ ワックスがけも終わったところで
バインディング付け替えによる
新旧ボードの 退任&就任の引継ぎ式を挙行。
あ それと 旧ボードに対する永年勤続表彰もね。

20220204_162620.jpg

いやぁ 長年お世話になりました。K2 我が相棒。
心からの感謝を込めて表彰します。
渋いグラフィックに惹かれて ネットで購入したんだっけなぁ。

20220204_161804.jpg

乗り味はけっこう硬くて 多少荒れた雪面でも暴れることなく 
ぶっちぎって 飛ばしていく感じ。
そのかわり 機敏に柔らかくターンを切るのはやりづらかった。
特に以前は この板に ブーツはDriver-X バインディングはP1
の組み合わせで 相当に硬かったと思う。

硬かった分 ヘタる感じもなくて 長年の使用に耐えてくれたのだが・・。
でも近年 雪が少なく 固めのバーンを滑ることが多く
ぶっ飛ばして滑り降りていく 一本調子な感じばかりだと 
飽きてしまうこともあった。

20220204_162216.jpg

一昨年 ソールのフルチューンナップに出したのだが
先月トマムに行ったときに 雪面に出ている石で
ガッツリ また傷が入ってしまった・・。

そして バインディング付け替え完了。

20220204_165059.jpg

どんな乗り味か 楽しみだなぁ。
ツインチップで151cm。
これまでのは ディレクショナルで155cm。

思えば ボードを始めてから
はじめの10年くらいは 割と柔らかめの板で
自由に遊びまわっていた。
新しい板で 再びその頃に戻ってみよう。
”小僧”のように チョロチョロするんだ。
飛んだり回ったりはしないけど・・。
いわば これからが ワタシの”ボードスタイル第三章”。

もし これからまた15年くらい使ったとしたら
そのときワタシは70歳!
古希にも優しい板がいいなと。
GoGo!古希ボーダー!

20220204_165204.jpg

そうそう。 いろいろ思い出したついでに
今まで使ってきたボード用品の歴史を記録しておこう。
自分用の備忘メモとして。(使用期間はアイマイな記憶)
ここから先は とても長いよ~。

【板】
Jogger 153 (1995~1996)
 初めてで店員に勧められるまま買ったモノ。
 深緑色の艶消しで 硬めのディレクショナル。

Sims 148 (1996)
 思いっきり遊びやすいように 
 短めのツインチップで 軽くて柔らかいのがいいと 買ったモノ。
 鮮やかな水色メタリック。ソールのカラーも特徴的だったなぁ。
 ※買ったシーズンのうちに 飛んで着地した際にバキっと折れた・・。

Sims 148 (1996 未使用)
 前述の折れた板の保証代替品として 無償提供されたモノ。
 でも すかさず違う板を買ってあったので 
 この板は結局未使用のまま リサイクルショップに売却。
 キレイなメタリックグリーン。

Santacruz 151 (1996~1999)
 折れた板の代わりに 急いで購入したモノ。
 柔らかくて扱いやすかったけど グラフィックが派手だったなぁ。
 黄色やら赤やら木目やらが モザイクのようになっている柄。
 結局 自分でスプレーして艶消しブルーグレーにしてしまった。

K2 Futura 155 (1999~2006)
 「板が受ける振動を電気に変換する」という触れ込みで
 実際に板の表面に光るポイントがあるユニークな板。
 硬さとしなやかさのバランスが良く すごく扱いやすかった。
 グラフィックは 表が渋い金黒で 裏は黒を基調にカラフルな色も配置。

K2 Disciple 155 (2006~2022)
 ※今回記事参照

Scooter G8 151 (2022~)
 ※今回記事参照

【ブーツ】
VANS (1995)
 店員に進められるまま買ったモノ。
 初めてだったのでサイズの加減が分かっておらず
 使い始めて慣れてきたらすぐに
 「ダメだ 大きい。かかとが浮く!」ということで 速攻買い替え。

Santacruz (1995~1997)
 VANSで失敗した反動で、めちゃくちゃピッタシのキツいサイズを選択。
 形も足首のところが直角にフィットする感じで 滑りが劇的に楽になった。
 オールレザーのようなスパルタンな見た目だった。

Northwave (1997~2000)
 これもすごく扱いやすかった。
 フィット感抜群で デザインもかっこよかった。

Sims (2000~2007)
 試し履きのときの吟味が甘く ちょっと失敗の買い物・・。
 ガチガチに硬すぎるつくり。
 あまりに硬すぎたので インナーなしで使っていた。
 
Burton Driver-X (2007~2013)
 このころからブーツとバインディングはBurtonの組み合わせで定着。
 地元のアルペンでセールになってるのを見て即買いしたのだけど
 ちょっと硬かったなぁ。
 これも紐を緩めにしたりしながら だましだまし使っていた。

Burton Ion  (2014~
 これは満足の品。とても扱いやすく剛柔のバランスが良い。
 でも 気づけばもう8シーズン目突入しているんだな。

【バインディング】
ブランド覚えてない・・ (1995~1998)
 黒の普通のモノ。
 ハイバックが ”ハイ”でなく”ミドル”くらいの低いタイプだったなぁ。

Sims (1998~2007)
 フィット感は良かったけど ラチェットとベルトの塩梅が良くないのか
 外すときにいつも難儀したなぁ。
 ベルトを曲げてみようと思い 沸騰したお湯の中に投入してみたりもした。

Burton P1 (2007~2019)
 がっちりサポートしてくれる すごく使いやすいモノだった。
 はじめて使うキャップシステムで 足の甲のラクさに感動した。
 長年の使用でストラップがボソボソになってきたので買い替えたけど
 使用感自体はまったく衰えを感じさせなかった。

Burton Maravita (2020~)
 渋いレザーストラップと 味のあるカラーリングに惹かれて購入したモノ。
 通常のハンモックシステムのほうが良かったのかなとも思ったけど
 実際使ってみると レザーでも硬さは感じず フィット感はバッチリ。
 とても満足。

【ゴーグル】
Smith (1995~2008)
 勧められるまま買ったモノだけど
 ホントに満足 全然壊れず長年の使用に至る。
 スキー場の駐車場で地面に落としてしまい
 そのとき誤って車に踏まれても無事だった・・。

Oakley Crowbar (2008~)
 これも満足のモノ。
 使いやすいんだよなぁ。
 過去の記事を見てたら
 レンズに擦り傷つけちゃってレンズ交換してから
 もう11年経つんだなぁ。びっくり。

【グローブ】
LEVEL (1995~1998)
 勧められるままに買ったモノ。
 樹脂製の手首サポーターを内蔵していて
 初心者にも安心の製品だった。

LEVEL (1998~2004)
 買い替えるときも やはり手首サポーターが
 いいなと思って 2度目のLEVEL。

SIMS (2004~2008)
 さすがにもう 手首サポーター入りはなく
 普通に買い替え。
 この手袋は今でも雪かき用で活躍。

Burton (2009~2020)
 ゴアテックスと革の感触が良く
 保温性も優れていて とても使いやすかった。
 手首ベルトでキュッと締められるのも良い。

Burton (2021~)
 2度目のバートンも同じような質感で。
 でも 現在のラインナップでは
 手首ベルトの製品がほぼなく
 ようやく見つけたこの商品で決定。

以上
いやぁ ここまで長かったなあ。
思い出すのも 打ち込むのも ツカレタ~。

[ 2022/02/04 23:18 ] ボード21~22 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR