fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

晩秋の夫婦旅2021



今回の旅は近場で。


ヌプカへの訪問は今年の初夏以来。
宿泊は3年前のソロキャン以来。
そして今回はコテージ泊なので それはもう20数年ぶり。

IMG_20211106_154212.jpg

相変わらず いい景色。
コテージの場所からだと
電線が ちょいジャマだけども・・。


部屋に荷物を運び入れ 一息ついたら
日没前から さっそく焚き火開始。

IMG_20211106_154237.jpg

うーん 気持ちいい。
もう寒いし たぶんこれが今年最後の焚き火だろうなぁ
と思いながら ぼんやりと眺める。

そうしてるうちに 早々と日が暮れてきた。

20211106_163333.jpg

遥か遠くに見える 街の灯りも眺めながら
焚き火を終えて 部屋に戻って夕食。

この日の食事は 地元のおおきストアーで惣菜を買っておいた。
刺身やらホヤ酢やら たちポンやら油淋鶏やら ジャコめしやら。
バリエーション豊富で 見てても楽しい ぜんぶ食べたら苦しい・・。
ホンっト 食べ過ぎた。

そんな苦しい腹を抱えながら眠りについて
やっぱり夜中にトイレに行くのに目が覚めて
窓から外を眺めたら 素晴らしい星空。


そしてまた眠りについたら
明け方 カミさんの声で起こされた。
「ん~?」と思ったら
『朝陽が昇るよ!』
「そか」

で カーテンを開けてみると
ちょうど 太陽が昇り始める姿がバッチリ拝めた。
カミさんありがとう。絶妙のタイミング。

IMG_6102.jpg

テントサイトのキャンパーさんたちも
テントの外に出てきて 朝陽を眺めている。

ちなみに最初の朝陽の写真はワタシのスマホ。
上の写真はカミさんのiPhone。
やっぱりiPhoneきれいだなぁ。

この日の景色は格別。
最高の朝陽と 雲海が広がっていた。
もう何度も ヌプカには来ているけど
これまでで一番の眺めじゃないかな。

チェックアウトのときに管理棟の方に聞いたら
例年なら10月末でキャンプサイトは終了なのだけど
今年は 割と暖かい気候が続いているため
11月に入っても様子見しながらサイトの営業を継続しているとのこと。


それにしても このコテージはホントに何でも揃っている。
バス・トイレ・冷蔵庫・炊飯器・IHコンロ・ホットプレート・鍋・やかん
食器・箸・スプーン・フォーク などのほか
洗濯機・掃除機などなど もちろんテレビもある。
何だか 誰かの家に遊びに来たような感じ。

20211107_082547.jpg

内装は木を活かしたナチュラルな印象で
広々とオシャレ。メゾネットで2階が寝室。
過ごしやすくて良かったなぁ。

出発前に場内を軽く散歩。

20211107_093004.jpg

通常のテントサイトより眺めが良い
上のほうのエリアで張るのも良さそうだなぁ。

IMG_20211107_095616.jpg

このエリアからは遮るものなく 景色が見渡せる。
士幌町の発展に尽力されたという3人の銅像も 
とっても気持ちよさそうに見える。


ヌプカを後にして
ランチを佐倉カフェに予約してあったので
その時間までちょっと寄り道。

”高原”つながりで ナイタイに行ってみたら
すでに冬季休業期間に入っていた・・・。
リサーチ不足を痛感しながら 
気を取り直して 上士幌の道の駅へ。

アウトドアグッズが結構置いてあって
見ていて楽しかった。

キャンプで重宝しそうなレトルトカレーも
いろんな種類が並んでいて
それぞれに キャンプエピソードみたいな
コピーがプリントされている。

なかでも このコピーが面白かった。

20211107_105506.jpg

思わず初山別のサイトから見える絶景がよみがえり
また行きたくなってしまった。
でもソロではなく 夫婦キャンプがいいな。

佐倉カフェは 今回も安定の美味しさとボリューム。
追加で頼んだヨーグルトも たまらなく美味かったなぁ。

[ 2021/11/09 19:21 ] レジャー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR