fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

ソロキャン第2章




寄る年波には勝てぬ。


ブログの過去記事を見ていたら
もうかれこれ 7年くらいはソロキャンばかりで
ファミキャンから遠ざかっている。

それで 出かければ 昼からビールを飲み
焚き火をして 早々に寝入るのが
いつものパターンなのだが
どうにも近年は 翌朝スッキリ起きられない。

背中がイタイ 首がイタイ おまけに腰がイタイ。
夜中に尿意を感じても テントから出るのが面倒で
実際に外に抜け出すまで かなり粘ってしまう。
いかん このままでは いつかオネショをしてしまうかも・・

思えば ソロキャンのための道具たちを買ったのは
もう10年以上前のこと。

タープ購入記事
http://flowhokkaido.blog.fc2.com/blog-entry-203.html
タープ初使用記事
http://flowhokkaido.blog.fc2.com/blog-entry-201.html
テント初使用記事
http://flowhokkaido.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

ということで
カラダの衰えに適合した 新たな快眠環境を整えることにした。

IMG_20200729_190904.jpg

とはいえ
年間にそう多くない機会の娯楽のために 過度の費用はかけられない。
ので ネットでいろいろ調べていたら
この商品は 手ごろな価格で 使い勝手も良いみたい。

IMG_20200729_194316.jpg

実際に横になってみると ホントに楽ちん。
程よくホールド 程よく自由。
組み立ても簡単。軋み音なし。
スバラシイ商品。

こいつはヨカッタ。
と思うも いつものテントで使うと
頭上が相当窮屈だろうなぁと想像できた。

それに 睡眠環境が快適になったとしても
「テントから抜け出すのが面倒」問題の解消も考慮すると
いっそのこと テントも新調してしまいたいという気持ちが
一気に高まった。

そうした気持ちに火がつくと ワタシの行動はホントに早い。
カミさんも呆れるほどだ。 

IMG_20200801_121719.jpg

ということで テントもネットでいろいろ調べて
組み立て簡単な ティピー型で
インナーもついていて オールメッシュでなく
フライとインナー間は ピッチりとくっついておらず余裕のスペースがある
そんな要件を満たすもので
手頃な価格で そこそこ使い勝手の良さそうな商品を発見。

購入前のクチコミチェックでは
クオリティに若干の不安はあったものの
庭で試し張りしたところ
いまのところ特段の問題なし。

さっそくコットを持ち込んで
1泊寝てみたら 快適快適。

IMG_20200801_143029.jpg

試しに これまでのモンベルテントに コットを入れてみようとしたら
設営後のテントには そのままでは入れることができず
一旦テント幕をポールから外して フニャっとさせた状態で
グイグイっと コットを押し込んでみたら 入れることができた。
そして 再度テント幕をポールにセットして
中に入って寝てみると・・
おっ 狭いことは狭いが 寝られないことはないなぁという感じ。

でも 出入りの際に 腰がイタイから
やっぱり 新しいテントがメインになるだろうなぁ。
さあ ホントの初張りはいつになるかな。
[ 2020/08/09 00:08 ] キャンプ2020 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR