fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

シーサイドパーク広尾 朝の散歩編



キャンプの画像をアップし終えてから・・
このへんの画像も
自分の備忘メモ的に残しておくことにした。


このキャンプ場はなっつかし~ 我が家の初キャンプの場所ということは
昨日の記事に記したとおりなんだけど

IMG_20190602_053348.jpg

思えば ホントにこのキャンプ場には 何度も来た。
中学~高校~19・20歳と
いわば青春時代のキャンプ歴史そのもの。

IMG_20190602_053357.jpg

中学や高校時代は 毎年来た記憶がある。
当時 キャンプといえば広尾だった。
クラスみんなで 部活のメンバーで。
そんなんで 高校時代は夏休み中に2回は来てたような。

ほかに定番といえば 長節や厚内もあったけど
なぜだか 広尾ばかりだった。
今思えば 常設テントが完備されていたのが
良かったからじゃないかと思う。

それにしても
常設テントも数に限りがあるのに
いつもよく予約が確保できたもんだなぁとも思う。

IMG_20190602_053526.jpg

いつも 朝まで寝ないで 一晩中遊び尽くした。
周りの家族連れには
大いに迷惑をかけてしまっていたのだろう。

若気の至りということで
許してもらえれば。

IMG_20190602_053448.jpg

Wikiで見たら
このパークは1980年にオープンしたのだった。
当時は中2.。

初めてここにキャンプ来たときは オープンの翌年だったのかな。
みんなで シャネルズのランナウェイを歌いながら ここに着いた気がする。
鉄道(当時は国鉄)で駅に着いてから キャンプ場まで歩いたんだよ。
Google Mapで見たら なんと3.6kmもある!
よく歩いたもんだ。
そして疲れも知らず 遊園地でみんなで遊んだんだったな。多分。

IMG_20190602_053819.jpg

高校2年の時は
先輩たちと肝試しで盛り上がったり
バカ話が尽きなかったり。

高校3年のときは お盆時期のキャンプで
普通なら 「お盆は水に入るな」というのに
みんなで川で泳いでいたら
上流から花束が流れてきて 「うわぁ~っ(恐)」って
感じだったのを覚えている。

そしてキャンプを終えて 地元に戻ってから
チャリで友達と そのまま花火大会を見に行って
それが終わって 自宅に戻ったら
ロス五輪の閉会式で
ライオネル・リッチーが 「All Night Long」を歌っていた。
忘れられない なんてステキな高3の夜。

IMG_20190602_054341.jpg

19のときは
徹夜明けでクルマを運転して帰る途中
友達のクルマが 一瞬の居眠りで路外に落ちそうになって
焦ったり・・

IMG_20190602_054936.jpg

そんな時代を過ごしてから
しばらくこのキャンプ場とは 縁遠くなっていたのだけど
ムスメが生まれた翌年かな
義姉家族に誘われて キャンプ道具も持たずに
キャンプにお邪魔して 車中泊したのがきっかけで
その翌年 一気にキャンプ道具を購入して
家族で初キャンプに来たのだった。

そして その年の11月にパークの営業は終了してしまった。

IMG_20190602_055246.jpg

そんなこんなで
何かと 思い出と縁がある このキャンプ場。

遠い昔に見た賑わいは
もはや 再現されることのない
記憶だけの世界になってしまったけど

そんな中でも
ここのキャンプサイトは
今でも変わらず 迎えてくれる。

人工物は いつの日か消え去ったとしても
自然は永遠だ。
そう信じたい。

IMG_20190602_054618.jpg
[ 2019/06/30 20:40 ] 思い出 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR