FC2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「オワリだョ」婆ちゃん

553062 (338x445)

先日、サラッと雪が降った ある日のこと。

路面が凍っている上に 少し雪がのった滑りやすい中
いつもの道を通って 職場へ向かって歩いていたら
道端のお店を経営しているお婆ちゃんが
店の前の 歩道の雪はねをしていた。

ワタシがその前を通りかかったとき
「滑るからネ~。気をつけてネ。」と
優しく気遣って 声をかけてくれた。

『あ・・。 ありがとうございます。』
不意に声をかけられ 気の利いた言葉が浮かばず
フツーに答えて 通り過ぎようとしたとき
お婆ちゃんから もう一言。

「転ぶんでないヨ~。転んだらオワリだヨ。」
『あ・・・。はい・・・。』

またまたフツーに答えて そのまま歩き続けた。
そして ふとギモンが・・。
”転んだら終わり”って・・何が? 何が終わる??
お婆ちゃんは何が言いたかったのか?

そんなことに想いを巡らせたら こんなことが浮かんだ。
あのお婆ちゃんの場合 もし転んだとしたら・・・

転ぶ

手足か腰などの骨が折れる

経営しているお店は休業

ご高齢のため骨折の回復に時間を要する

長期の療養のため筋肉も弱る

ますます回復に時間を要する

そのまま寝たきりになる

お店は廃業

生きがいを失う

(中略)

人生が終わる

・・・・・。
そ、そんな。
残酷だ。残酷すぎる・・・。
何が終わるって、まさか人生が終わるだなんて。

そうか・・・。
あのお婆ちゃんは そんな覚悟を持ったうえで
あえて滑る路面の上で 道行くワタシたちのために
雪はねをしてくれていたのだ!!

そう気づいたとき
先ほどの地点から数百メートル離れた場所で
婆ちゃんがいた方角に向かって
ワタシは背筋を伸ばして最敬礼したのだった。



[ 2017/03/14 21:50 ] 暮らし | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。