fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

夏休みらしい旅 2014

★CIMG2088 - コピー

夏休みらしい旅の話を 秋に記す。
今回の旅は 3年ぶりにまた定山渓ビューホテルのラグーンで遊ぼう!ということで
早朝5時半には自宅を出発。

お盆時期の休暇となったので
車が込み合う前に移動してしまおうと。

で、予定どおり順調に進み
まずは最初の目的地 ノースサファリサッポロに到着。

★CIMG2031 - コピー

現地に着くまでの道のりや駐車場も なかなかワイルドな雰囲気を醸し出していたけど
のっけから ライオンの口の下に入っていくというワイルドさ。

★CIMG2047 - コピー

場内にはいろんな動物たちがたくさんいる。
そして 直接さわって触れ合える動物も多い。

このミーアキャットも触ってよいとなっているので
背中からそぉーっと触ろうと思ったら・・
なんだか顔つきがハードボイルド。
下手な触り方したら
「なんだテメェ!もうちょっと上手に撫でることできねぇのか!ゴラァー!」
と一喝されそうな雰囲気を醸し出している。
恐る恐るそぉーっと撫でたら、表情一つ変えずにおとなしくしていた。ホッ。

★CIMG2049 - コピー

ほかにも、アザラシや

★CIMG2058 - コピー

タヌキ

★CIMG2059 - コピー

コブタ

★CIMG2066 - コピー

カピバラ

★CIMG2067 - コピー (1)

ライオン・・・ん?ライオンにエサ!?

★CIMG2067 - コピー (2)

ガブっ!

一般的な動物園では見られないようなものが ここにはある。

★CIMG2071 - コピー

ライオンの檻の上からエサを垂らして 食いつかせるという
”ライオンのつりぼり”がある。

★CIMG2074 - コピー

ほかにも トカゲのつりぼりや ワニのつりぼりなど
思わず笑ってしまうユニークなつりぼりエリアもある。

場内にはまだまだたくさんの種類の動物がいて
思っていた以上に楽しめた。

いったんこの場所を出て少し歩いたところに
”デンジャラスの森”という場所がある。

ここには、ニシキヘビやオオトカゲやピラニアなど
名前を聞くだけでもザワっとするものがいる
文字通りデンジャラスなところだけど
ムスメもカミさんもそういうのは苦手なので
そこは避けて フクロウやミミズクといった猛禽類のエリアを覗いてみた。

★CIMG2078 - コピー

毛並みがツヤツヤとキレイで 目がくりっと愛らしい。
間近で見入っていると ホントに不思議な感じ。

★CIMG2106 - コピー

また別な場所には イベント広場的なところがあって
アヒルのレースも楽しめたり、
志村どうぶつ園で相葉くんが企画作成したという
アニマルからくリレーも楽しめる。これがオモシロかった。

★CIMG2108 - コピー

トラの赤ちゃんのお披露目も。

★CIMG2110 - コピー

その後 今度は専用バスで移動して
また別な場所には 水陸両用車やバギーなどを楽しめる
アドベンチャーゾーンもある。

そんなこんなであっという間にお昼までの3時間を過ごして
たっぷり満喫。

で 実はコレ以降の写真が一切ないので あとは記憶で・・。

ノースサファリサッポロを出た後
定山渓の手前の渋滞を我慢しつつ現地到着し
まずは定山渓第一寶亭留 翠山亭の蕎麦屋さん桑乃木で昼食。
値段は手頃だけど 優雅な雰囲気で味わえた。

それからビューホテルに行って ラグーンでたっぷり水遊びしてから
夕食はプレミアムダイニングへ。
前回のときのレストラン グランシャリオより落ち着けていい感じ。

晩・朝とも温泉を満喫し、買い物ツアーへ出発。

三井アウトレットパークで朝から晩まで1日中滞在。足がツカレタ。
夕食後、苫小牧へ移動。
翌日はイオンで買い物してから、午後自宅へ帰り
その夜は地元のイベントに参加。

後半ざっくりと端折ったけど こんなところかな。

★CIMG2120 - コピー
[ 2014/09/23 08:13 ] レジャー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR