fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2008.6.28~29 カムイの杜公園キャンプ場

ガソリン高騰のため、しばらくは近場中心に出かけようかと考えていた我が家。

しかし、カミさんの自転車購入のためお目当てのBianchiの現物を見てみたい

ということもあり、旭川へ出かけることにした。

今回は、前から気になっていたカムイの杜公園キャンプ場へ。

というのも、最近、娘に「今度はどこのキャンプ場行きたい?」と聞くと

たいてい「たきの~!」か「みさきだ~い!」と返ってくる。

やっぱり遊ぶ環境が充実しているのがうれしいのだなぁと。

それなら、水遊び、大型遊具、室内遊技場と盛りだくさんで、さらに無料!!で、

しかも旭川市街地からスグそばといった、好条件が揃っているこのキャンプ場が、

今回の目的に最適な場所であることは間違いなかった。

 

朝、キャンプ出発を待ちきれないのか、いつものように5時前には目が覚めた。

「よしっ。薪拾いに行くか。」と自宅を出て10Kmほど離れた河原へ。

しばらく大雨による増水もないため、流木もほとんどない。

それでも、なんとか袋に一杯になるくらいの木を拾い集めて家に戻る。

娘も起きてきて8時には家を出発。 狩勝峠経由でちょうど3時間で現地に着いた。

 

駐車場はすでにすごい車の数。

天気もよく気温も高めで、日帰りの人もたくさんいるようだ。

キャンプサイトへは正面の駐車場より、裏手の駐車場のほうが近いので

そちらに車を停めて、リヤカーで荷物を運び込む。(リヤカーは正面にしかない)

サイトにはすでに結構な数のテントが張られている。

子どもを中心とした家族同士のグループキャンパーが目立つ。

我が家は一番奥のほうの池の近くに設営。

テント前の斜面を下ると、すぐ前に池がある。

とりたててきれいな池ではないが、カモもいてまったりとした雰囲気。

設営を終え、炊事場に水を汲みに行く。

炊事場はきれいで数もあり、トイレもまずまずキレイだった。

ただトイレ入口にドアがないため、夜は虫が入り放題となる。

トイレの前でクワガタ発見。

サイトに連れて帰り、モラップのときのように他のクワガタもどんどん呼び寄せようと

(モラップの話はこれ→http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1301167

甘いジュースを置いておいたりしたが、今回は結局この1匹だけで

他に寄って来るクワガタはいなかった。

 

池をグルっと回り込んで対岸へ行くと、少し高台になっていてサイトを

見渡すことができる。 

かなり気温も上がっていたので、缶ビールを2本空けてから

水遊び&遊具コーナーへ。

ここは水遊びといっても、足首くらいまで浸かるかどうかという

感じであるが、噴水もあり娘はとても楽しんでいる。

そして、キャンピングガイドでもおなじみのフクロウの遊具コーナー。

 

フクロウの顔の裏側を見下ろすとこんな感じ。

ここもなかなか楽しい。

アスレチック風の遊具や、滑り台に平均台と遊具の種類も豊富だ。

フクロウコーナーのほかにも、こんなロング滑り台もある。

2時間ほどたっぷり遊んだら、サイトに戻っておやつタイム。

カミさん特製のバナナケーキだ。

ホットケーキミックスをベースに、バナナを使ってダッチオーブンで

焼き上げたこのケーキ。香りもよく美味かった。

 

おやつを楽しんだら、娘はサイトの上のほうから聞こえてくる音に興味津々。

どうやらターザンロープがあるようだ。

遊歩道を上がっていくと、そこにはキャンプサイトとはまた違った別世界が。

目指すは草原の向こう。

着いてみると立派なやぐらが建っている。

上の写真の青いラッパのようなものは??

やぐらの上と下で同じ色同士のラッパがパイプでつながっていて

離れていても鮮明にお話ができるというシロモノ。

青だけじゃなく、いろんな色で遊べるようになっている。

 

やぐらの上からはキャンプサイトが見下ろせる。

 また、やぐらの周りにはちょっと一休みできるような

テーブルとベンチもあり、木々に囲まれていい感じ。

それにしてもこの「上段エリア」は、より自然を感じることができて

丘の上の森を眺めていると、のんびりとした気持ちになる。

このキャンプ場は、サイトや遊具コーナーにいるだけではもったいない。

この上段エリアに来ると、ここの魅力が一気に倍増する気がする。

ここにあるターザンロープは、「ロープ」というより「レール」という感じで

(この記事の一番最初の写真がそう)

しかも途中でカーブしているため迫力がある。

 

夕暮れ近くまで遊んでサイトに戻ると、周りのテント数はさらに増えていた。

全部で40~50張くらいありそうだ。こんなに密度の高いキャンプは久しぶり。

夕食を食べてから、テントの前で娘とバドミントン。

なかなかラリーは続かないが、暗くなるまでたっぷり遊んだ。

8時近くなってようやくあたりも暗くなり、焚き火タイム。

夜も暖かく、眠りも快適であった。

翌日は朝から暑い。Tシャツ1枚でちょうどいいくらい。

しばらくイスに座ってまったりしていると、昨日遊んだターザンロープの

ほうから「ヤッホー!」と叫ぶ子どもの声が聞こえてきた。

よっぽどターザンロープが気持ちいいのか、

今どきヤッホーと叫ぶ子どもなんて珍しいなぁと感心していると、

また別な子どもの声で「ヤッホー!」と叫ぶ声が。

うんうんいいなぁ自然は。やっぱり子どもは自然の中でおおらかにたくましく

遊ぶのが一番だと思ったそのとき

「ヤッホーヤッホー ヌーブラ ヤッホー!!」

モエヤンの真似をしているだけだった・・・

 

朝食を食べてからリヤカーを借りて撤収作業。

娘はリヤカーに乗るのが大好きである。

撤収を終えてからサイトで縄跳び遊び。

それから、もう一度ターザンロープへ。

目指すやぐらがキャンプサイトから見える。 

しかし、残念ながら草刈作業のためターザンロープはちょっとお休み中。

 

じゃあ、屋内遊技場の「わくわくエッグ」にいってみようと

車に戻る途中、小川沿いの散策路を覗いてみた。 

しっかり木道が整備されていていい感じ。

時間があればここを散歩というのもいいなぁ。

 

わくわくエッグの中はこのように、高いところを網で渡る通路や、

滑り台に、ウォールクライミング、ハンモック、木の玉の砂場、

トンネルがある秘密基地、ジャンピングボールにソフトブロックと

これまた遊び道具が盛りだくさん。

わくわくエッグの横には浅い川が流れていて、ここでも

水遊びができそうな雰囲気。

キャンプサイトは公園の片隅といった感が否めないが、

周りには1日では遊びつくせないような遊具や自然がいっぱい。

キャンプ場の人気にもうなづける。

なかなか帰りたがらない娘を諭し、カムイを後にする。

ちょうど昼時だったので、あさひかわラーメン村へ。 

↓これはちょっとしたイベント用のステージ。

  ナルトの部分はベンチになっていて座ることもできる。

いってつ庵という店で食事。麺は意外と細いがコシがあり、

スープはなかなか好みの味。

我が家がラーメン村に着いたときは、幸い下の写真ほど並んでおらず

すんなり入れた。 

 

食事を終えて、旭川市内の自転車やさんを2軒見てまわった。

が、Bianchiはロードバイクしか在庫がなく、クロスバイク系は

メーカーも含めてほぼ完売状態とのこと。

まあ、ないものは仕方がない。

気を取り直してジャスコで買い物。

と、店内に人の行列が。

6時から「バカリズム」のライブがあり、その入場整理券をもらうために

並んでいるようだ。

私も一瞬グラッと気持ちが揺れた。

「贈るほどでもない言葉」をナマで贈られたい。と。

しかしそれを見てからでは帰宅が遅すぎる。

見たいが、うーん・・・

「贈るほどでもない言葉のために悩むほどでもないでしょ。」と

カミさんに促され旭川を後にした。

[ 2008/06/30 22:34 ] キャンプ2008 | TB(0) | CM(2)
captainHGさん、こんばんは。やりましたよっ!リヤカー!アップダウンがそんなになかったので今回はヘロヘロにならずにすみました。ホントになかなかの混み具合でしたよ。夜もけっこう賑やかでした。ヌーブラヤッホー。お子さんやりますか・・(笑)うちの娘もお笑い系好きなので、世界のナベアツとか、あとマニアックなところでは、ナベアツの相方の「山下しげのり」のマネもよくします。山下しげのりのネタ見たことありますか?ダウンタウンの「絶対に笑ってはいけない温泉」のDVDで見ることができます。「笑えないところ」が笑えてツボに入ります。
[ 2008/07/02 00:14 ] [ 編集 ]
こんばん(^ワ^)ノ☆でましたねっ!リヤカー!!(笑それにしてもココのカムイの杜、これだけ施設があって無料とは、これからが混雑するのでしょうね。でも行って見たいキャンプ場の一つですねぇ。>ヌーブラヤッホー・・・ウチのチビもよくやります(^_^;)
[ 2008/07/02 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR