fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2012.6.30~7.1 国設ぬかびらキャンプ場



気持ちいい青空が広がるなか 今年2回目のキャンプへ。



今回もソロで。

週末はムスメが忙しいんだよなぁ。



天気はバッチリだし どこへ行こうかなぁと考えたら

近場だと ヌプカや本別が浮かんだけど

たまには初めての場所に行きたくなった。



何度か訪れたことはあっても

キャンプしたことがない 

ぬかびらに行ってみることに決めた。



現地には14時過ぎに到着。



誰もいない。

管理人さんも 夕方ごろに集金にくるようで

場内はしーんと静まり返っている。



場内は ところどころにテント床が設けられていて

テントとタープを張るのに ちょうどぴったりサイズの感じ。


歩き回って テントを張る場所を決めようと思うが

なかなか定まらない。



ちょっと気分転換しようと思い

湖岸のほうまで散歩。

少し涼んでからサイトに戻って

歩き始めると

奥のほうに木陰の涼しげな場所があったので

そこに設営。




テントを張り終え ひとまずノンビリ。



ビールを飲みながら寛いでいると

管理人さんがやってきて

サイトから川のほうにも下りられると教えてくれたので

少し散歩してみる。



河原へ下りると

そこにはタウシュベツ橋梁!・・・?

じゃないけど

アーチ橋が間近に見える。





そして水面には魚の姿も見える。



それから

ソロだと自分が被写体になることはまずないので

たまには自分の姿も撮ってみようと

河原の石に映った影をパチリ。




ちなみに

耳の下あたりに見える影は

カメラのストラップだ。

けっして リンリンランランの おさげ髪ではない。



またサイトに戻ってノンビリ。



場内は緑がタップリで心地いい。



周りを林で囲まれているおかげで

木々の上のほうを風がヒューっと吹いていても

サイトはいたって穏やか。



この日の利用者は私も入れて3人。

ライダーさんとチャリダーさんで

みんな男ソロ。

静かに過ごすには絶好の環境。



まったりと焚き火を眺めてから

早めの就寝。



翌朝目覚めると

ちょうど日が昇ったばかりという感じ。



これはキレイな光景が見られるかもと思い

湖岸のほうへ導かれるように歩き出す。



朝日に照らされる森の中を抜ける。



だんだんと光に近づいていく。



木の葉越しに 水面に映る太陽さんの姿が見える。



そして 森を抜けきって湖岸に出ると

静かな湖が迎えてくれた。



朝も ゆっくり焚き火して

中村屋で温泉に浸かってから帰宅。



今回はけっこう虫に刺された。

キャンプから帰宅後 免許の更新に行ったのだけど

翌日は顔にもブワァっと

虫刺されの痕が目立ってきたので

更新が あと1日遅かったら

虫刺されだらけの顔写真の免許と

数年間付き合うことになるところだった。

あぶないアブナイ。
[ 2012/07/07 00:27 ] キャンプ2012 | TB(0) | CM(2)
nomuさん こんばんは~。 たしかに水捌けは良くないかも。 私が到着して場内を歩いたときも なんだかジメッとした感じがしました。 でも 今シーズンから テント床が増設されたそうで その上なら安心できそうです。 「知らないファミリー」は誰も来ることはなく バッタも来てくれませんでした。 バッタと話したかった・・・(涙) 遊びに来てくれたのはブヨだけ(^^; やっと痒みが治まってきましたよ。
[ 2014/02/02 07:29 ] [ 編集 ]
おぉ~~!糠平行ってたんですねー! 我家、湖には行ってもキャンプはした事ありません 数年前、雨上がりに下見したら 水捌けが悪かったのであんまり印象が・・(^^; でも!この記事読んだら、行きたくなったー(笑) 知らないお母さんや娘さんやワンコは 来なかったんですね(笑)
[ 2014/02/02 07:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR