fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2007.9.8~9 さらべつカントリーパーク オートキャンプ場

この週末は台風9号の接近のため

キャンプは無理かなぁと、ほぼあきらめていた。

ところが、コースがそれたおかげで風も雨も心配なさそう。

これなら行けるね!と、午後から更別村へ向け出発した。

天気は快晴。気温もかなり上がって暑い。

キャンプ場に着き、場内を見渡す。

フリーでも駐車場からの荷物運びには苦労せずに

済みそうなので、フリーサイトに決定。

遠くに日高山脈が見える。

また、夏には24時間レースやママチャリ12時間レースを

行うことで知られているサーキット場も見える。

サーキットが好きな人にはたまらないが、

普通にキャンプを楽しみたいと思う、我が家にとっては

なんとなく落ち着かないロケーション。

まあ、場内はキレイで清潔だし、管理棟も立派なので

よしとすることに。

 

汗だくで設営を終えた後は、熱い体にビールを流し込む。

それからさっそく遊びタイム。

ここはレンタサイクルが充実していて、動物の顔がついたもの

など子どもが喜びそうな変りダネの自転車が豊富にある。

 一般的な「自転車」というよりは「スワンボート」に近いかもしれない。

場内の通路を周回するのだが、暑さもあってかなり体にこたえる。

1時間500円だが、とても1時間乗りこなすことはできず、早々に

返却し、パークゴルフ場へ。

 

場内は惚れ惚れするほど素晴らしく管理された芝生で

埋め尽くされている。

我が家の庭の芝生も常にこうありたいものだと

私はプレイより芝生にばかり目が行ってしまった。

 

娘はこの日がパークゴルフデビューであった。

ここはちゃんと子供用のクラブもレンタルで用意されている。

最初のうちは、ぎこちないスイングではあったが

それでも飽きることなく楽しんでいた。

夕方、サイトに戻ってもまだ気温は高い。

蚊も増えてきた。

サーキットからは相変わらず、爆音が聞こえてくる。

レースがない日でもフリー走行とか、何かやっているのだろう。

 

この日はフリー、オート含めて全部で8張りほどであった。

夕食後は、多くの家族がバスケットコートのところで

花火を楽しんでおり、自分たちの花火だけでなく、周りの家族の

華やかな光も楽しむことができ、得した気分も。

しかし、その分だけ煙の量も半端ではない。

 

夜遅くなってもサーキット方面からは、エンジンの調整をやっている車なのか、

それとも、ただどこかからやってきた車なのか、かなり遅い時間まで

エンジンをふかす爆音がサイトまで響いてきて、不快であった。

もしサーキットが関与しているのであれば、キャンプ場の存在に配慮して

もらいたいものである。

娘が寝た後は、カミさんと、なるべく爆音を気にしないようにして

星空を見ていた。

もっと場内の灯りが控えめであれば、さらにキレイに星が見えると感じる。

 

翌日は、撤収して家に直行では物足りないので、中札内村の一本山展望台

に寄ってみることにした。

駐車スペースに車を停めて、キレイに整備された遊歩道を

上って展望台へ。

 

「うぉっ。高い!」

なかなかの高さだ。

先頭をカミさん、次に娘。そして最後に私が上っていく。

一歩一歩ゆっくりと確実に階段に足を踏み降ろす。

普通こうしたときに私は、しっかりと手すりを掴んで(すがって?)

上るのだが、ここは小さな虫の死骸がびっしりと、階段や手すりを

埋め尽くすように落ちている。

何でこんなにいるんだ??というくらい。

なので、手すりを掴むのは我慢することにした。

整備された遊歩道から数えて369段あるという階段を

上りきってようやく展望塔のてっぺんに着いた。

日高山脈の眺めが素晴らしい。

思わず「青い山脈」を口ずさむ。

なんて、そんなわけはない。歳いくつだっ!?

この高さからだと、パッチワーク状の田園風景も見える。

空の青さがよりスケール感を増大させる。

気持ちいいー!!

 

下りの階段も慎重に下りて、車に戻る。

きれいな景色も見たし、天気はいいし、

気温も高く暑いし、

これはもう、十勝野フロマージュに寄って

ジェラートを食べようということに即決定。

終わりよければ全てよしのキャンプとなった。

[ 2008/05/10 13:21 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR