fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

やっちまったぁ 2 その後

目の前にクリアな景色が戻ってきた。




この前トマムに行ったとき 


コース上でムスメが滑ってくるのを待っていたら

2人の少年が とってもキレイに横を通り過ぎていった。

けっこう高速のフリーランでスイッチしながら

スイッチ → ターン → スイッチ → ターン → スイッチ ・・・ と 

流れるように ずーっと繰り返している。

それがまるで雪上のシンクロナイズドスイミングのように

ピタリとキマっている。

あ、スイミングってことはないか。 ボーディング?



それを見て

「よし!オジサンもやるかっ。」と

私も同じような感じをイメージしながら滑る。



スイッチ → ターン → スイッチ → ターン ・・・

「おっ。なかなかいい調子。」

高校生の甥っ子と この前一緒にトマムに来たときも

フェイキーで滑ったりもしたので

カラダの感覚がいい感じかも。



でも、横ではカミさんが

「もう若者じゃないんだから あんまり無理するんでないよ」

と現実的な忠告をしている。



それでもめげずに

スイッチ → ターン → スイッチ → ターン ・・・と

続けていたら だんだん足が疲れてきた

「やっぱりフェイキーだと まだ変に力が入ってるかな?」

と思った瞬間

スイッチ → ターン → スイッチ → ・・・バァーン!!

「ウッ!!」

エッジ引っ掛けて吹っ飛んだ。

背中を打った衝撃でゴーグルが外れて雪しぶきに包まれる。

ふと前を見ると

近くにいた若い女の子と目が合い

「ウフッ」と笑われたので

オジサンも満面の笑みで返す。



ゴーグルの内側に水滴がたくさん付いてしまったので

それをグローブの指先でチョイチョイっと拭っていたら

油がついたように汚れが。

「しまった。グローブに残ってたNIKWAXがついちゃったかな?」

と今度はティッシュを水で濡らして拭いたら

どんどん曇ったような汚れが広がり
 こんな有様に(涙)。



あ~こりゃダメかなぁと その場では一旦対処をあきらめ

自宅に帰ってから ダメもとで洗剤やら何やらで洗うも 全然だめ。

汚れというより 完全に傷つけちゃったな。



前に使っていたSMITHのゴーグルが とても丈夫で

レンズをガシガシ拭いたり 

駐車場で誤って下に落として 他人の車に踏まれても無事で

(まるで「象が踏んでも大丈夫」の筆箱のようだ!と 当時は感激した)

10年以上も現役だったので

すっかり同じようなつもりで扱ってたけど

そういえば

「とてもデリケートだから拭くときは付属のマイクロクロスで」と

書いてあったんだっけ。

アハハ そんなことすっかり忘れてた。



やってしまったことは後悔しても仕方ないので 

早々と気持ちを切り替え ネットでポチっと




レンズの交換は面倒かなぁとも思ってたけど

意外と簡単で すぐ終了。

交換のしかたを動画で紹介している親切なサイトがあったので

とても役に立った。



ふたたび視界はクリアだ。

また若い気だしてガンバルぞ。



アジアカップの優勝を見届けることができたので

いま 気分は上々。
[ 2011/01/30 03:54 ] ボード10~11 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR