fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2006.9.9~10 丸瀬布いこいの森オートキャンプ場

しばらく海や湖のキャンプが続いていたので

今回は、趣向を変えて山方面へ行こうと

この年のゴールデンウィークに一度下見に訪れていた

丸瀬布に行くことにした。

ここは、フリーサイトと第一・第二オートサイトがある。

木立の中のフリーサイトも趣きがあってよさそうであるが、

この時期なので、翌朝の撤収が楽にすむよう、夜露が早く乾くように

日当たりの良い第二オートサイトに張ることにした。

第二オートは樹木もなく広大な芝生広場といった感じではあるが、

我が家が張ったサイトからは川の流れを眺めることもでき、

環境はまずまずである。

また、フリーサイトより空いていて(結局この日の第二は我が家のみ)

静かに過ごせそうであった。

 

設営が済んだら、早速遊びに出かける。

ここは、大きな滑り台や、ゴーカート、そして何より

国内でも唯一とされている、過去に実際稼動していた蒸気機関車を

動体保存して運行しているSL「雨宮号」がある。

SLはここの大きな武器で、家族連れ、カップル、SLマニア?など

多くの人が歓声をあげながら楽しんでいた。

それらのメニューをひととおり楽しみ、河原で薪を拾いながらテントに戻った。

昼食後は、山のふもとの遊歩道を散歩したり、松ぼっくりやドングリの実を拾って楽しむ。

夕食後はたっぷりの焚き火を堪能して就寝。

我が家だけの第二サイトはとても静かで快適に眠ることができた。

 

翌日撤収を終えると、キャンプ場に隣接する丸瀬布温泉やまびこで入浴。

施設も清潔で露天風呂も気持ちが良い。焚き火の匂いと汗を洗い流し、

食堂でじゅんさい蕎麦を味わってから家に向けて出発した。

 

その後、週末のたびに好天は続いたが、娘の風邪などにより遠出を控え、

結局2006年のシーズンはこれがラストキャンプとなった。

[ 2008/04/06 07:39 ] キャンプ2006 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR