fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2010.01.31 ぬかびら源泉郷スキー場

2週間ぶりにぬかびらへ。

 

前回に続き今回も天気がイイ。

スキー場へ向かう道中の景色もステキに見える。

現地は軽く雪が降り積もっていて かなり快適そう。

ムスメのリクエストで まずはロッジ前のリフトに乗り

眼前のシュプールに胸を躍らせる。 

気温も思った以上に暖かで

フードなしリフトでも苦にならない。 

絶好の条件にムスメも いつも以上のガンバリ。

ロッジ前コースで声をかけてくれた指導員さんから

「滑りは安定していてなかなか上手。あとはつま先側重心もしっかりやらなきゃ。」 

とアドバイスをいただき、さらにやる気になったのか

フロントサイドターンの練習に精を出す。

 

ガンバッタ成果で腹が減ったのか

早くも11時前に「お腹すいたぁ~」で一気にテンションダウン↓

少し早めの昼食をとりにロッジのレストランへ。

今日も気になるメガカレー。

でも残念ながら今日も食べられず。

カミさんがのってこないと さすがに私ひとりではムリ。

「こうしていつまでも食べられないと

来るたびに気になって目がカレーに行っちゃうよ~」

なんて駄洒落も思いついたけど

それを披露する場面もないまま

別なメニューを注文。

豚丼の肉が柔らかで美味かった。

 

午後からはフード付リフトのコースへ。

こっちは林間で変化に富んでおり

私もカミさんも好きなコース。

ムスメは前回来たときは「ロッジ前コースのほうがいい」と

言っていたのだけど

今回はすっかりこっちのほうが気に入ったみたいだ。 

コースにも慣れて少し余裕が出てきたのか

「楽しい~♪100回滑る。夜中まで滑る~!」

とテンションアップ↑

 

それでも夜中まで滑られるわけはなく

リフト終了前にはカミさんとムスメは ロッジに引き揚げておやつタイム。

最後は私ひとりで何本か滑る。

それにしてもシーズンを重ねるたびにカラダの衰えを感じる。

ノンストップで何本か滑っていると

途中から下半身の喜怒哀楽が激しくなってくるのだ。

 

「下半身の喜怒哀楽」というと

なんだかヤラシイ感じがするけど そういう意味ではなくて・・・

運動して疲れると「ヒザが笑う」とよく言うけど

酷使しているのは膝だけではない。

何度も曲げ伸ばしするヒザが笑い(喜)

前方へ後方へと足首は烈火のごとく攻め(怒)

体重を支えてプルプルと震える太ももが泣き(哀)

特にこれといってやることのないスネは楽をする(楽)

これが下半身の喜怒哀楽なのだぁ~。・・・

 

そんなこんなで ヘロヘロになったカラダを

またまた温泉で温めてから家路につく。

ファミリーにやさしい料金体系の ぬかびら。

ありがたい。

ガンバレ ぬかびら!

[ 2010/02/01 06:05 ] ボード09~10 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR