fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2007.6.23~24 穂別キャンプ場

さあ今週もキャンプに行くぞー!と

前から気になっていた穂別へ行くことにした。

2006年シーズンに穂別行きを予定していたのだが

悪天候のため断念したことがあったのだ。

この日は朝から早いとこ出かけたかったが、新たな生命保険加入のための

医師の診断をもらう日だったため、保険業を営む友人と病院で待ち合わせ、

診断後、そのままキャンプ場へ向けひた走ったのであった。

 

このキャンプ場の前は、これまで数え切れぬほど車で通過してきた。

札幌方面に行くときは必ず通る国道だからだ。

それだけに、「車の音うるさくないのかなぁ」と思ってもいた。

が、ヒデさんの「北海道キャンプ場見聞録」で「利用してみると意外といい」

というように評価されていたので、一度行って見たいなぁと。

当初利用したかったAサイトは予約で一杯だったため、Cサイトを予約した。

一つ一つのサイトはそう大きくはないが、この日はたまたま

一番端のサイト2つを続きで使わせてもらえたので

車を別に置いて、ゆったりとテントサイトを使うことができた。

設営を終え、周りを見渡すと緑がまぶしい。

気温は上がって25度あるが、強い陽射しを木陰が遮ってくれて

快適に過ごせるのだ。

ただ、食事をするときはタープの下でするのが無難。

大木の木の葉からか、ちいーさな幼虫がポトッ。ポトッ。っと、ときどきテントに落ちてきて

張り出したタープの上を時間が経ってから見ると、「おおぉーっと。」と10や20くらい

の数はクネクネっと動いていた・・。まあ、ひどく気になるほどの嫌な印象・記憶ではないが。

また、サイトの前を小川が流れていて、これがまた水遊びに

ちょうどよい、ぬるめの適温である。

焚き火の薪に使えそうな枝も豊富にある。

昼食後、場内を散歩してみる。

場内は思った以上に広く、つり橋で川を渡った先には広大な芝生の

フリーサイトや、バンガローエリアがある。

まだ6月なのに、さすが道央圏に近いキャンプ場は混むなぁと

感心するほどテントも張られていたが、それでも充分に

余裕のスペースはあり、カイトやボール遊びを楽しんだ。

また、山すその森は「冒険の森」として、トリム遊具や遊歩道が整備されている。

娘はこれがとても気に入ったようで、滞在中3回、完全制覇に挑戦していた。

緑深い森の中を散策しながら軽く遊びも楽しめるので、これはお勧めである。

「自然と戯れたぁー」感がたっぷりあって心地よい充足感を味わえるのが

このキャンプ場の醍醐味かなとも感じる。

近くの国道を走る車の通行音も、不快感を感じるほどのものではなく、

それをもカバーするこのキャンプ場の魅力のほうが大きく思える。

ぜひ、また行きたいと今でも思っている。

 

このキャンプで、ネット上で拝見していた「北海道でキャンプ」の

SAMさんKUUさんを初めてナマでお見かけし、カミさんと2人で

興奮したのであった。

 

[ 2008/04/19 01:11 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR