fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2010.01.17 ぬかびら源泉郷スキー場

キリッと冷えた空気の中 ぬかびら源泉郷へ。

 

昨シーズンから地元の温泉ホテルが経営しているスキー場。

ムスメが生まれる前は よく行っていた。

 

大人リフト1日券と温泉入浴券が各5枚ずつセットになった綴りが

1冊8千円で販売されていたので、昨年のうちにゲット。

小学生はリフト1日券500円というファミリーにやさしい料金設定がウレシイ。

 

現地へ着くと 意外と暖か。

心地よく晴れ渡った空に映える山並みがキレイ。

まずは見通しのよい ロッジ前のコースで何本か滑る。

ムスメはガンバって 苦手なフロントサイドのターンにチャレンジ。

 

休憩をかねて昼食を。

前から気になっていた「メガカレー」に挑戦しようかと思っていたのだけど

実際に食べているグループの実物を見て・・・やっぱ一人じゃムリだ。

ものすごいボリューム。大食いに自信のある方はお試しあれ。

メガカレーのほかにも食事のメニューは豊富で楽しい。

 

昼食を終えたら 今度は高速リフトを乗り継いで上へ上へ。

こっちにくると景色の見え方も変わってくる。

ロッジ前コースの雪質も十分よかったけど

やっぱりこっちにくると さらにいい。

コースは変化に富んでいるので 緩急があり楽しい。

やっぱりいいな ぬかびら。

 

9月に然別湖でキャンプしたとき車で通った場所から

同じアングルでパチリ。

結氷した糠平湖も見える。

写真で見えている建物の向こう側奥 連絡コースの長い一本道は

ボードを外したムスメを抱っこして 滑り降りる。

ムスメは初めのうち怖がっていたけど 途中から大喜び。

「ふつうのコースを自分で滑るより、ここばかり抱っこで滑りたい」と言うけど

そんなことばかりしていたら私のカラダがヘロヘロになってしまう・・・。

 

最後は第1高速のコースを滑り降りて駐車場へ。

やっぱりこのコースも気持ちよくて最高。

うねるように下りていくジェットコースターのような感覚。

 

ボードの後はお約束の温泉へ。

冷えたカラダを温めて家路についた。

 

 

 

[ 2010/01/19 17:35 ] ボード09~10 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR