fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2007.8.25~26 親子岩ふれあいビーチキャンプ場

お盆は過ぎたが気温は高い!

この週末も、まだまだ海水浴できるんじゃない?と

これで3年連続となる様似町親子岩へ出かけることにした。

思えば前年の夏も、ちょうど同じ8月の最後の週末に

親子岩でキャンプしたのだった。

そのときもとても暑くいい天気だったが、

この日も素晴らしい晴天であった。

 

このキャンプのために海パンも新調して

やる気マンマンの私。

今回もオーシャンフロントの最前列をゲットすべく

朝早めに家を出て、午前中のうちに現地に着いた。

「うん。空いてる空いてる。」

狙いどおりバッチリ設営場所を決める。

 

と、着いたときからやや強めの風が気になる。

ティエラの骨組みを立てて、さあ幕体をかぶせよう

というところ、なかなか思うようにセットできない。

風であおられたり、押し付けられてパイプが抜けたりと

カミさんと悪戦苦闘していると、ありがたいことに、

見かねた管理人さんが手伝いにきてくれた。

おかげで何とかテント設営は完了。

丁重に礼を言い、設営完了の祝杯をあげる。

 

海は水温はやや冷たいものの、水に入っている元気な

子どもたちがたくさん。

でもうちの娘は、水遊びより砂遊びに夢中。

私もいつしかすっかりはまって、大きな砂の塔を作り始めた。

どれだけ砂浜で遊んだだろうか。

気がつけばもう陽が傾きかけていた。

カミさんが夕食の支度をしている間に

娘と砂浜を散歩。

夕陽の加減が良いのか、陰影がきれいに浮き出て

芸術家のオブジェのようにも見える↓??

砂浜に転がっている貝殻を集めて歩いた。

夕食を終えた頃、夕陽に浮かび上がる親子岩の姿が美しい。

港のほうには月も見えてきた。

面倒にならないうちに温泉へと出かける。

ここからは9kmほど離れているので少し移動に時間がかかるのだ。

日焼けしたせいか、肌にビリビリと温泉がしみる。

温泉は短めに済ませてキャンプ場へ戻ると、

昼間の遊びが効いたか、娘は早々に眠ってしまった。

 

この夜はカミさんと11時頃まで外で飲んでいた。

さすがに冷え込んではきたが、それでも波の音を聞きながら

飲む酒は格別である。

水面に月が映りこんで、とても心地よい夜だった。

 

朝起きて、一人でキャンピングガイドを読む。

次はどこに行こうかなぁ。

と、娘が起きてきた。

朝食前に、引き潮狙いで何か採れないか海辺へ散歩。

ヒトデと貝をテントまで持ち帰り。

このヒトデや貝たちと記念撮影して

朝食後、「ところでこのヒトデとかどうするー?」

そうだな、結局持て余してしまうし、海に返そうか

ということになった。

キャッチアンドリリースである。

そうしないで、その辺の芝生に置き去りにしようものなら

「このヒトデなしいっ!」と、ヒトデになじられそうな気がしたのだ。

 

朝食後は、遊具コーナーでひと遊び。

遊んだ後はコンビニ弁当で軽く昼食をとり

恒例の「親子岩並びの記念撮影」をして

キャンプ場を後にした。

 

そういえば、1年前にきたときもキャンプをしていた

ご家族をこのときも見かけた。

夏は毎週来てたのかな?それとも我が家のように

ちょうど前年と同じ時期にキャンプに来たのかな?

と、ちょっとした親近感を抱いたのだった。

 

 

[ 2008/04/28 23:47 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR