fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

オヤジ禁断の世界へ。

バス通勤を始めてから

時間があるときには駅に寄って

暇つぶしをすることもある。

 

そんな中で目に留まり気になっていたのが

蕎麦屋の前に掲げられている

「小ジョッキ2杯、枝豆、特製ざるそばセットで1,000円」

というコピーだった。

いわゆる晩酌セットというやつか。

 

東京に住む友人は、仕事帰りに同僚と軽く一杯飲んで

電車に乗って帰るのは、よくあることだと言っていたが

こっちでは、飲むと言ったら飲み会で、飲み会となれば

根競べのようにヘロヘロになるまでやってしまうのがフツーだ。

 

だから、バス待ちの一杯なんてオヤジのすることと思っていたが、

よく考えれば私はもうオヤジだ。

いーや、よく考えなくても、もう立派なオヤジだ。

だからオヤジの王道であるバス待ちの一杯をするのだぁ~と心に決め、

仕事を終えて駅に直行した。

 

バレンタインデーで好きな人に初めてチョコを渡す女子高生のように

私の胸は高鳴っていた。

いや今どきの女子高生よりもっと純粋にドキドキしていたかもしれない。

そのくらいに小ジョッキ2杯と枝豆と特製ざるそばセットは私にとって魅力的であり

早く会いたいと期待に胸躍らせるに十分な役者たちであった。 

 

駅商店街の入口まで来て、私は一旦立ち止まった。

そして、雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう♪と歌われる中、

クリスマスプレゼントを抱え目を閉じて、その時を待った牧瀬里穂のように

私も目を閉じて、はやる心を落ち着かせてからドアに手をかけた。

 

あ、開かない。

ドアが開かない。

と、横に立て看板が。

「本日休業日」

なにぃ~。駅の商店街に休業日があったなんて。

今まで知らなかった。

 

ガビ~ン(死語か。)と打ちひしがれる気持ちを地面に引きずったまま

1分くらい付近を歩き回った。

谷啓ならガチョ~ンと言うところか。

さ~て、来週のサザエさんは。じゃなかった

さ~て、これからどうしようか・・・と、

すぐそばのホテルのレストランを思い出した。

 

ジョッキモードになっていたとはいえ

ひとりで居酒屋に行くほどの心構えではない

かといってこのまま何もなかったようにバスを待つのもツライ。

軽~くジョッキ1杯飲んで15分ほど滞在。

これが意外と悪くない。

心地よい軽やかな気分になってバス停へ。

 

オヤジは禁断の味を知ってしまった。

[ 2009/01/21 21:56 ] 暮らし | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR