fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2007.7.1~2 かなやま湖畔キャンプ場

前年の6月、満水のかなやま湖に魅せられた我が家は

あの感動をふたたび。と

幼稚園の日曜参観を終えてから、そのまま車をかなやま湖へ

向け走らせた。

1時間ちょっとでキャンプ場へ到着。

やっぱり近いところは楽でいいものだ。

日曜日のためか、湖面にはかなりの数のカヌーが浮いている。

テントもそれなりにあったが、夕方にはほとんどが撤収され、

結局この日は我が家も含めて3組の利用であった。

湖面前の特等席は、今回は残念ながら先客があったため

別な場所を探す。が、なかなかない。

傾斜部分が多いため、平坦で気に入ったロケーションを手に入れられる

場所が見つけられないまま、管理棟から中央へおりてすぐの

湖面に向かってやや傾斜しているところに張ることにした。

夜は幻想的な光を放ってくれる列車が、対岸の鉄橋上に見える。

この日は、移動中の車の中でコンビニ弁当を食べたので

設営後はビールをあおってから、みんなで散歩。

写真には収められなかったが、大きなウサギ?にも遭遇した。

そして焚き火の薪を拾い集める。

これまで続いた、東神楽や穂別での「体を使ったキャンプ」の

反動か、今回は散歩以外は何もせず、まったりと過ごす。

湖水は前回のように満水とはいかず、湖岸がむき出しになって

少々さびしい感じである。

気温は高めでも、ずうっと風が強く肌寒く感じた。

肌寒いときこそ焚き火をしたいものだが、風のため断念。

お約束の夜汽車の灯りと星空を堪能してから眠りについた。

 

明くる朝目が覚めると・・寒い。温度計を見ると8度だ。

東神楽と穂別で暖かキャンプを体験してしまった我が家には

過酷な試練である。

迷わず焚き火に火をつける。

と、湖一面を覆っていた霧が、すーっと晴れ始める。

まぶしい青空とベタなぎの湖面が姿を現してきた。

美しい。

カミさんと娘はまだ眠っている。

一人、焚き火にあたりながら、コーヒーを味わう。

これも至福の時間である。

そして、手には「北海道キャンピングガイド」。

こういう朝に、「次はどこに行こうかなぁっ」と

ぼーっとするのも、また楽しいものだ。

また空を見ると「すうぅーっ」とヒコーキ雲が見えた。

ほんっとうに気持ちのいい朝だ。

「よし、今週も1週間頑張るぞっ」っと自分に軽く気合を入れた。

 

 

 

 

[ 2008/04/19 01:59 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)

2007.6.23~24 穂別キャンプ場

さあ今週もキャンプに行くぞー!と

前から気になっていた穂別へ行くことにした。

2006年シーズンに穂別行きを予定していたのだが

悪天候のため断念したことがあったのだ。

この日は朝から早いとこ出かけたかったが、新たな生命保険加入のための

医師の診断をもらう日だったため、保険業を営む友人と病院で待ち合わせ、

診断後、そのままキャンプ場へ向けひた走ったのであった。

 

このキャンプ場の前は、これまで数え切れぬほど車で通過してきた。

札幌方面に行くときは必ず通る国道だからだ。

それだけに、「車の音うるさくないのかなぁ」と思ってもいた。

が、ヒデさんの「北海道キャンプ場見聞録」で「利用してみると意外といい」

というように評価されていたので、一度行って見たいなぁと。

当初利用したかったAサイトは予約で一杯だったため、Cサイトを予約した。

一つ一つのサイトはそう大きくはないが、この日はたまたま

一番端のサイト2つを続きで使わせてもらえたので

車を別に置いて、ゆったりとテントサイトを使うことができた。

設営を終え、周りを見渡すと緑がまぶしい。

気温は上がって25度あるが、強い陽射しを木陰が遮ってくれて

快適に過ごせるのだ。

ただ、食事をするときはタープの下でするのが無難。

大木の木の葉からか、ちいーさな幼虫がポトッ。ポトッ。っと、ときどきテントに落ちてきて

張り出したタープの上を時間が経ってから見ると、「おおぉーっと。」と10や20くらい

の数はクネクネっと動いていた・・。まあ、ひどく気になるほどの嫌な印象・記憶ではないが。

また、サイトの前を小川が流れていて、これがまた水遊びに

ちょうどよい、ぬるめの適温である。

焚き火の薪に使えそうな枝も豊富にある。

昼食後、場内を散歩してみる。

場内は思った以上に広く、つり橋で川を渡った先には広大な芝生の

フリーサイトや、バンガローエリアがある。

まだ6月なのに、さすが道央圏に近いキャンプ場は混むなぁと

感心するほどテントも張られていたが、それでも充分に

余裕のスペースはあり、カイトやボール遊びを楽しんだ。

また、山すその森は「冒険の森」として、トリム遊具や遊歩道が整備されている。

娘はこれがとても気に入ったようで、滞在中3回、完全制覇に挑戦していた。

緑深い森の中を散策しながら軽く遊びも楽しめるので、これはお勧めである。

「自然と戯れたぁー」感がたっぷりあって心地よい充足感を味わえるのが

このキャンプ場の醍醐味かなとも感じる。

近くの国道を走る車の通行音も、不快感を感じるほどのものではなく、

それをもカバーするこのキャンプ場の魅力のほうが大きく思える。

ぜひ、また行きたいと今でも思っている。

 

このキャンプで、ネット上で拝見していた「北海道でキャンプ」の

SAMさんKUUさんを初めてナマでお見かけし、カミさんと2人で

興奮したのであった。

 

[ 2008/04/19 01:11 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)

2007.6.9~10 ひがしかぐら森林公園キャンプ場

この週末も快晴の予報。

次週は幼稚園の運動会があるし、まずは天気が良いうちに

ちょっと遠出しようかと、東神楽町へ出かけた。

朝7時半に自宅を出発。

国道38号線を富良野方面に向かい、富良野市街の手前の布部から

道々に入り軽快に走る。いつ走っても気持ちが良い裏道だ。

上富良野を越えてから再び国道に戻り、美瑛から旭岳方面の道へ入る。

こうして裏側からキャンプ場へ向かったが、なかなかわかりにくく、

少し遠回りをしてしまった。

それでも何とか11時にはキャンプ場に到着。

すでに数張りのテントが張られている。

 

まずは受付にて料金を支払う。

「すぐテント張りたいので・・」と言うと、デイキャンプ料金も必要となったが、

それでも全部で600円! や、安い。これなら毎週ひがしかぐらでもいい・・と

一瞬思ってしまった。

リヤカー2台に全荷物を積み込んでサイト選びへ。

ここはある程度 段々になっている感じなので、見晴らしのいい上のほうに

テントを張った。

 

陽射しも強く気温も上がっていて、とても暑い。

無事到着&設営お疲れさんの恒例の儀式(プシュッ!グビグビ)を終えてから

娘と一緒に水遊び道具を持って遊水路へ。

が、娘は水面を行き交うアメンボを怖がって、水に入ろうとしない。

結局、水には入らずにちょこっと水遊びをして、

早々にゴーカートやボートのコーナーに移動した。

まずはスワンボートに挑戦。

自分が子どものとき以来ではないかと言うくらい、久しぶりに乗ったが

これがなかなかハードである。一生懸命漕いでも思うように進まないものだ。

池を一周するためにヘロヘロになるまで足でこぎ続け、

ニッコリ笑ったスワンちゃんの中では、汗だくのおじさんが息切れしながら

苦痛に顔をゆがめているのである。カミさんも相当足に来ている模様。

 

やっとの思いで、スワンボートの持ち時間を終了し、桟橋に降り立った私の耳に

「こっちのボートも乗りたい・・」という娘の呟きが聴こえてきた。

下半身を酷使した次は、上半身の番である。

「なーに、さっきのヘロヘロに比べれば、このくらいの手漕ぎはどうってことない」

とばかりに、気持ちよくボートは進む。

 

手漕ぎボートの持ち時間も終わり、次は何をしようかと話していたところ、

「あれも乗ってみたーい。」

娘が指差しているのは、サイクルモノレールである。

「うぉっ、またまた下半身を酷使するのか!?」

とひるみつつも、結局挑戦することにした。

乗ってみると結構楽しく、爽快であった。

 

ほかにも遊具あり、釣堀あり、ソフトクリームに、フラッペありと

子どもならよだれが出るようなメニューが盛りだくさん。

夕方までたっぷり遊んで、味わった。

 

テントに戻ると、日没前に突然のスコールと雷鳴。

かなりの勢いだったが、それも1時間ほどで落ち着き、

無事に夕食と焚き火を楽しむことができた。

この日は夜も冷え込むことなく15度くらいで

とても心地よかった。

 

翌日も快晴で、またまたボートに乗り、ゴーカートを楽しんだ。

今回ほど体を使ったキャンプはなかったかもしれない。

今回のキャンプを「体の限界に挑戦~ひがしかぐらーず・ボート・キャンプ」

と名づけることにした。

いい汗をかいた後の締めくくりは、やっぱり温泉。

撤収を終えた後、キャンプ場真向かいにある温泉「森のゆ・花神楽」で入浴し、

食事も館内のレストランでとった。ちょっと洋風のしゃれた雰囲気。

すっきりとリフレッシュしてから、東神楽を後にした。

[ 2008/04/18 23:51 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)

2007.6.2~3 上士幌町航空公園キャンプ場

今度こそティエラちゃんを上手に張るぞと

午前の用事を済ませてから

またもや近場の上士幌町へ向け出発した。

この日の午前中はとても肌寒く、曇り空であったが

午後になってから日が射し、気温も20度を超えてきた。

今回の設営時も、娘は砂遊びに夢中で上機嫌である。

テントを張り終えて全体を見てみる。

「おっ!今度はうまく張れているぞ。ゆがんでない。」

前回の失敗の教訓を生かし、カミさんも満足の出来である。

 

うまく張れた祝いでプシュッ!祝杯をあげてから

娘と2人で散歩に出る。

途中には、静かに流れる小川もある(最初の写真)。

散策路を歩いて戻ってくると、珍しいことにカミさんも

ビールを1本空けて、ほっぺたを赤らめている。

 

今日の場内の入りは、我が家のほかに2組。

今日も静かに眠れそうだ。

この時期は日が暮れると急激に冷え込んでくる。

この日の夕食は、我が家のキャンプでは初のチーズフォンデュだ。

ワインを楽しみながら夜が更けていく。

焚き火もたっぷりと楽しむ。

 

翌日、早めに撤収を終え、みんなでまた散歩に出かける。

ここちよい快晴だ。

静かなおかげでぐっすり眠れて上機嫌のカミさんは、ノってきたのか

ハイなテンションでウォーキング風歩きをしながらドンドン先へ進んでいく。

娘もそれを真似て先へ先へと進んでいく。

 

私は2人の様子を笑いながら眺めて のんびりと歩を進める。

道端に咲いている小さな花の白さが、眩しく目に映った。

 

[ 2008/04/13 00:29 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)

2007.5.12~13 十勝エコロジーパークオートキャンプ場

ゴールデンウィークに購入したティエラちゃんのデビュー時期を

探っていた我が家。

まずは無難に近場でデビューすることとなった。

写真をご覧いただくと不自然さにすぐお気づきかと思う。

こんな写真をアップして申し訳ないが、このキャンプでも

あまり写真を撮らなかったため、数少ない写真の中から

私が写っている部分を「芝生で消去」して、載せさせていただく。

私も一応「顔出しNG子」なものだから・・・。

顔出しOK子になるには勇気が必要なのだ。

 

まあそれはいいとして、ティエラちゃんのデビューである。

取説を見ながらカミさんと四苦八苦。

といっても、思ったより面倒ではなかった。

が、結果、ゆがんでいる。

地面に張るテープの張り方が甘かったのかな。

いつもは緻密(?)な私が、テントの張り方は大雑把である。

いつもはアバウト派のカミさんが、テントの張り方には細かい。

「これ、もう一回張り直そうか??」とカミさん。

「ん?ダイジョブ。ダイジョブこれくらい・・・」と私。

ただちに プシュッ!グビグビグビッっと ティエラちゃんのデビューを祝う。

 

前回来たときはレンタサイクルを借りたが、今回は自分たちの自転車を持ち込んだ。

我が家の車は、キャンプ道具と自転車を全て積めるほど巨大ではない。

キャンプ場に到着後、キャンプ道具をすべて降ろしてから、もう一度我が家に戻り

自転車3台を積んできたのだ。近場だからできることである。

 

そんなわけで場内のサイクリングを楽しみ、夜はガッチリ着込んで早めに寝た。

この日は我が家のほかに2張り。

さすがに夜は冷え込み、朝も6度だった。

もしとんでもなく寒くて耐えられなければ、夜は家に帰って寝ることも覚悟していたが

なんとかテントで一夜を過ごすことができた。

 

さて、夜が明けたら今度は自転車を家に戻さねば。

一人で早めに起き出し、自転車を車に積み込む。

自宅に戻って物置に片付け、新聞受けから新聞を抜き取り

車に積んでキャンプ場へ戻る。

本当は、一旦家に入って、歯を磨いて顔も洗ってからキャンプ場に戻ろうか?

とか思ったが、そこまでやってしまったらおしまいだ・・と自分に言い聞かせて

新聞を抜くだけにとどめたのである。

 

カミさんと娘が起きてくるまで、一人まったりと新聞を読みながら

コーヒータイム。

この「キャンプのような自宅のような」何とも言えない状況に

やっぱりこんなキャンプの仕方はやめようと、静かに誓ったのであった。

[ 2008/04/12 23:40 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)

2007.5.3~5.6 道民の森月形・白老ポロトの森キャンプ場

長い冬を越え、待ちに待ったキャンプシーズンの到来。

我が家の2007年シーズンが始まった。

バンガロー泊で・・・だってやっぱりまだ寒いんだもん。

 

思えば2006年のG.Wもバンガロー泊で、滝野や上川に行ったのだった。

(このブログにはアップしていないが。)

5月といっても、ちょっとした山奥なら充分に雪が残っているし、

朝晩の冷え込みはハンパなものではない。

我が家も娘が生まれる前なら、スノーボードに行っていた時期である。

そんなわけで、無難にバンガローを予約し、初日は月形町の道民の森

月形キャンプ場へ向かう。

ここに泊まることにしたのは、札幌北部から近いところで、暖房を使える

(借りられる)バンガローを探した結果である。

 

「札幌北部から近い」ことにこだわったのは、「ガトーキングダム・フェアリー

フォンテーヌ」で遊んでから移動する予定だったためである。

我が家では「ガトキン」と呼んでいるが、これは一般的なのだろうか?

以前、セブンイレブンを「セブイレ」と呼んでいることについて、周囲の共感を得られ

なかったこともある・・・。略するならやっぱり4文字だよなぁと思うのである。

ガトキンの場合、いまだに正式な名前が覚えにくく、いっそのこと「札幌テルメ」の

方が言いやすかったなぁと、今でも思ったりする。

 

まあ、こんな余計な話はこの辺にして本編に戻るが、肝心の初日、娘が風邪気味で

鼻水と咳が出ている。ちょっとこれではプールはやめておこうかと、予定を変更して

以前から行ってみたかった「秀岳荘」へ行くことにした。

アウトドア好きならたまらない野外ものの総合百貨店。

どこを見てもよだれが出てくる恍惚の城。

我が家が住んでいる地方には、これだけのメーカーが揃ってる店はなく、

初めて入る我が家にとっては刺激的で、とたんに血圧と体温が上昇した。

しかもバーゲンをやっている。今シーズンの新商品もである。

 

昨シーズンからカミさんと話していた。「テント一式買い換えたいねぇ・・・。」

その欲しいテントが目の前で微笑んでいる。

「今ならバーゲンよ。今わたしを手に入れなかったら、わたし誰か他の人のモノになっちゃうから。」

と、まるで男を惑わす小悪魔のようなセリフを囁いてくる。

こういうセリフ(妄想?)に男は弱い。

OGAWAのティエラ5ちゃんを即決購入してしまった。

今回の旅では使うはずもない大型テントを車に積み込み、

月形へと車を走らせた。

 

朝から天気は良くなかったが、月形に着いてもやはり雨。

しばしバンガローでまったりしてから、月形の「温泉ゆりかご」に出かけ、

入浴後に夕食もとってからキャンプ場へ戻った。

天気のせいもあったが、これといった印象・写真も残らぬまま、

翌朝キャンプ場を後にした。

 

それから札幌にいる友人宅にお邪魔し、その後は、またまた札幌で

アウトドア系のショップを見て回る。

この日はバンガローがどこも取れなかったため、ホテル泊。

それはそれでノンビリできてベッドで寝るのもやっぱりいい。

 

翌日は苫小牧でモンベルショップへ。ここでも気になるグッズをゲット。

そしてお約束のジャスコへも立ち寄る。

我が家が住む地域にはジャスコがないため、旅先にジャスコがあるときは

ほとんどと言っていいほど、ジャスコに寄るのが我が家流となっているのだ。

飽きるまで店内を見て回ったら、今日の宿泊地である白老ポロトの森へ。

やっと天気も回復してきた。

車を横付けしてバンガローへ荷物を運び込んだら、離れた場所にある駐車場へ

車を入れる。

それなりに距離はあるが、自然の中を歩けば散歩も兼ねて、そう面倒でもない。

ここのバンガローのほうが月形のより室内も使いやすく、建物前も開放的で明るい感じがして

とても気持ちが良い。

テントサイトのほうへ探検に行ってみると、まだ寒いこの時期に10張りほどのキャンパーが

来ていた。

密やかな尊敬の念を示してから暖かなバンガローへ戻った。

夜は白老温泉ホテルへ。ここのお湯はホントに気持ちよく、肌が”トゥルトゥル”といった感じがする。

”ツルツル”ではなく”トゥルトゥル”。深みとまろみがある。すっかりいい気分でキャンプ場に戻り、

心地よい眠りについた。

 

翌朝はみんなでキャンプ場内を散歩。

「今度来たとき、もしテント張るならどこにしようか?」なんて話しながら景色を見て歩くのは楽しい。

私は、下を流れる小川を見下ろせる場所が気に入った。

またの来訪を誓いつつ、ポロトを後にした我が家は、今回の「キャンプというよりは買い物ツアー」の

最後を飾るにふさわしすぎる「アウトレットモール・レラ」に向けて車を走らせた。

[ 2008/04/12 22:51 ] キャンプ2007 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR