fc2ブログ

北海道まったりキャンパーZ

険しいところや大変なところは避ける そんなユルくまったりとしたキャンプスタイル

2009.6.27~28 日高沙流川オートキャンプ場

とても気温が上がりそうな予報の週末。

ひとり、焼肉に別れを告げたキャンプの次は

家族でキャンプを楽しみたいモードに入っていた。

 

ムスメは、アスレチック遊具のあるところがいいなと。

ならば、近場の本別がいいかなとも思っていた。

だけど、以前あちこちのキャンプ場の情報を見ていたときの記憶で、

確か、日高沙流川が6月下旬に「アスレチックオープン」となっていたような。

前日、キャンプ場に問い合わせると「明日から使用可能ですよ」とのこと。

沙流川は、苫小牧方面へ行くときに

いつも前だけ素通りしており、いつか来てみたいなぁと思っていた場所。

アスレチック遊具もできたし、行ってみることに決定。

 

数日前の大雨による増水で、近場の河原にたくさん流れ着いていた流木を

前日のうちにたくさん確保しておいたので、

それを車に積み込んで、9時過ぎには自宅を出発。

道中で、我が家の車と競争するように、畑の向こうを併走する列車が見える。

ホントに今日はいい天気だなぁ。幸せだなぁ。と思いながら

軽快に車を走らせ、11時頃には現地到着。

 

初めてのキャンプ場での場所選びはワクワクする。

グルッとゆっくり場内を1周してみた。

何組か先客がいたが、川を眺められるサイトが空いていたので

迷わずそこに張ることにした。

 

設営を終えて、昼食前に軽く祝杯をあげる。

イスに座り、しばし景色を眺める。

なんだか、この景色癒されるなぁ。

自分にしっくり来るというか。

ものすごくスゥーっと入ってきた。自分の中に。

もしかしたらだけど、以前記事に書いた

http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1741189

小さな頃に見た原風景に近いのかもしれない。

 

視線の向きを変えると

正面の遠くに見える山の緑も、スカーッと開放感を感じさせてくれて

なんとも心地よい。

 

暑さの中、キリッと冷えたソーメンを食べ終えてから

ムスメと場内へ遊びに出かける。

サイトから見えた沙流川は増水もしておらず

遊べそうな感じではあったが

とりあえず、場内を流れる小川に入って遊ぶ。

つめたーい水が気持ちいい。

 

それから、楽しみにしていたアスレチックコーナーへ。

種類は5つ。ムスメの好きなターザンロープもある。

工事を終えて、この日オープンしたばかりなので

まだ汚れていない真っ白な網の上に、ドシドシとのっかって

制覇していく。

家族みんなで、全種類1周のタイムトライアルをやって競ったり

なかなか楽しむことができた。

 

アスレチックを終えたら、管理棟に行って自転車を借りる。

無料のレンタル自転車が用意されており、中には2人乗り仕様もある。

ムスメを後ろに乗せて場内を何周しただろうか。

軽く足が張ってきたあたりで自転車を返してサイトへ戻る。

場内の緑が心地よい。

ちょっとずつ日が傾いてきた。

ビールをグビッと喉に流し込んでは、景色に見とれる。

暗くなる前に夕食を済ませて

日が暮れるまでテント横でバドミントン。

要領を得なかったムスメも、少しコツがわかってきたかな。

 

日が暮れてもそんなに冷え込んでいなかったので

キャンプ場そばにある温泉まで歩いて出かける。

露天風呂はなく、内風呂ひとつとサウナと水風呂だけだったけど

湯加減は私には絶妙の温度。

これ以上ないというほどの適温でまったり。

女風呂はカミさんにとっては、かなり熱かったようだけど。

 

温泉を出てキャンプ場へ戻る頃には

さすがにヒンヤリとした空気になっていた。

これは焚き火日和ですな。と

タップリある薪を用意して、オトナの幸せタイムに突入。

ムスメが寝た後、カミさんも一緒に焚き火を楽しむ。

見えていた三日月も早々に山の陰に消えていったので

星もキレイに見える。

我が家のサイトからだと、場内の灯りもそんなに気にならない。

そんな中、おっきな流れ星が斜めにスゥーっとおちていく。

一瞬おいてから、「しっぽ」もビューっと見えた。

私もカミさんも、逃すことなくバッチリ見ていた。

ふたりとも「キ・レ・イ」と一致。

去年の望洋台のときは一人で見た流れ星だったけど

http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1588206

やっぱり流れ星は「キレイだったね」と

言い合える状況で見たほうが楽しいなぁ。

 

翌朝は、いつもどおり早朝の目覚め。

4時半過ぎに起きて、ひとり場内を散歩する。

我が家が張った川が見える場所だけでなく

奥のほうのサイトも、ひとつひとつが広々として

ホントにいい感じ。

場内はいいバランスで大きな樹木が残されていて

一番川に行ったときの印象を思い起こさせる。

http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1358749

 

木々の間から、昇る朝日が見えてきた。

散歩でカラダも冷えたし

またまた焚き火っちゃいますか。と

まだまだタップリある薪を用意して

焚き火を味わう。

あ~、シアワセ。

 

朝食後、撤収を終えて

また自転車を借りて場内を巡る。

最後にアスレチックもやってキャンプ場を後にした。

 

我が家が張ったサイトのあたりは

電源設置工事をやっており(工事中もキャンプ使用には問題なし)

7月中旬頃には電源も使用可能になるようだ。

そしたら、寒い時期のキャンプが電気ストーブ派の我が家にとっては

晩秋のキャンプにいいかなぁ。と

早くも再訪の気持ちを昂らせてくれた。

[ 2009/06/30 22:49 ] キャンプ2009 | TB(0) | CM(0)

2009.6.20~21 札内川園地キャンプ場

ゆっくりと自分を見つめなおす旅。

静かな戦いを続けるうえで

避けることのできない別れが、そこには待っていた。

 

弁当とWiiFitに自転車。

できることから始めようと決意した。

だが「崖の上のポニョ」じゃなく

「崖っぷちの腹ポニョポニョ」の私にとっては

もっと厳しい決断を自ら下さなければと思っていた。

 

日曜は自分の所用があるため、家族では出かけられない。

天気予報では、怪しいながらも

うまくいけば 翌日午前中まで雨は降らないのでは?

という期待感もあり

じゃ、いっそのこと一人焚き火して

そのまま用事に出かけてしまおうということで

ソロキャンすることを決めていた。

 

ソロキャンは今回が2回目。

前回はヌプカに出かけたけど

http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1735451

今回は南方への用事なので

札内川園地へ行くことにした。

ここは、昨年の秋にも出かけた場所だ。

http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1695848

 

昼前に図書館に行って本を借りてから

出かける準備をする。

今回はカミさんに迷惑をかけないよう

自分ですべて抜かりなく準備完了。

それからスーパーで酒やら食材やらを買い込む。

 

ソロキャンとなると調理も面倒なので

私の場合、夜は焼肉、朝はカップラということになる。

だが、今は戦いの身。

焼肉なんか食べてる場合じゃないかなぁ

という気もしてくる。

 

なんとなく、「コレが最後の焼肉かなぁ」と

ぼんやり思いながら

肉の品定めをしてカゴに入れる。

そんなとき、なぜか

山口百恵の「さよならの向う側」が

頭をよぎる。

 

特別百恵ちゃんのファンだったわけではない。

だけど、本当に何故か、肉を選びながら

頭の中をリフレインする。

「最後の焼肉」という思いが、そうさせたのか。

 

キャンプ場に向かう途中

霧雨が降り出した。

やばっ。焼肉も焚き火もダメかなぁ

なんて思ってたら

現地に着くとやんでいた。

 

霧というか靄というか

辺りは霞んでいるが

雨は降っていない。

ソロキャンなので、設営はとてもカンタン。

前回来たときにピョウタンの女神と約束した場所にセットすることができた。

ここはあまりにもだだっ広いので、ホントに自分1人きりだと

寂しいなぁと思っていたけど

テントサイトもバンガローにも先客がいた。

日暮れにはまだ時間があるので

ビールを飲みながら本を読んでまったり過ごす。

 

さて、そろそろ始めるか。と

先日買ったばかりのチャコスタを初めて使ってみる。

お~燃えてる燃えてる。

ホントにあっという間にいい感じに熾きた。

 

準備も整ったところで、一人静かに焼き台に向かう。

そして1枚1枚丁寧に、万感の思いを込めて

肉を焼き上げる。 

川の流れを前に けなげに焼きあがろうとするタンを見つめていると

何だか胸が苦しくなってきた。

そうしているうちに、また頭の中にあの曲が浮かんでくる。

もうガマンできない。

タンをほおばりながら、私は口ずさみ始めた。

 

~さよならの向う側 (バイバイ焼肉Ver.)~

♪何切れ食べても 飽きない味覚が この世にあると

♪教えてくれたのは あなた(焼肉)でした

♪心こめて焼く 一切れの肉に 漂う匂い

♪嗅がせてくれたのも あなた(焼肉)でした

♪last  焼肉 for  me,  last  焼肉 for  me

♪おかわりなしの お別れです

♪last  焼肉 for  me,  last  焼肉 for  me

♪「まだ食べたい」と言えません

♪トントロの燃える火~ 塩コショウの味付け~

♪ホルモン山盛り~ 小肉も食べたよ~

♪タンも私~ 忘れません~

♪食べた後の腹~ 見ないでください~

♪Thank  you  for  your  カルビ~

♪Thank  you  for  your  テンダーロイン

♪Thank  you  for  your  サガリ

♪Thank  you  for  your  ラム

♪Thank  you  for  your  リブロース

♪焼肉のかわりに~

♪焼肉のかわりに~

♪焼肉のかわりに~

何を食えばいいの~(涙)・・・

 

歌い終わったとき、私の頬にはひと筋の涙が。

というより号泣していた。

そして、百恵ちゃんがステージにそっとマイクを置いて舞台裏に去ったように

私も、焼き台にそっと割り箸を置いて最後の舞台を終えた。

 

これは喪失感?達成感?

なんとも言えない抜け殻のような状態で

私は焚き火を始めた。

私はこの先、焼肉なしで生きていけるんだろうか。

炎を眺めながら、ときどきそんな不安に駆られる。 

つまみにチーズも持っていっていたけど

この夜だけは手が伸びず

早々と眠りについた。

 

焼肉への熱い思いが断ち切れなかったのか

2時半に目が覚めた私は

それから眠ることができずに朝を迎えた。

 

幸いまだ雨は降っていない。

昨夜より暖かいかなという空気の中

ゆっくりと焚き火を味わった。

この川のせせらぎと鮮やかな緑は最高の贅沢だ。 

この景色があれば焼肉なんかなくても平気さ。

絶対に・・。いや、きっと・・。いや、多分・・。いや・・、もしかしたら・・。

[ 2009/06/22 21:31 ] キャンプ2009 | TB(0) | CM(2)

2009.5.30~31 丸瀬布いこいの森オートキャンプ場

今シーズン2回目のキャンプに、なかなか行けていなかった我が家。

そろそろ行きたいなぁモードが高まっていた。 

 

天気予報では、日曜はどこにいても雨にあたりそう。

でも、「ゼッタイ行くぞ!何とかなるさ!」の気持ちで

金曜のうちに決行の準備は整えた。カミさんが・・・(いつもありがとう)。

 

明けて土曜の朝、早朝4:30に目覚め、

コーヒーをすすりながら、ネットで天気予報を念入りにチェックする。

「どこがイチバン天気もちそうかなぁ~」

旭川や北見、遠軽方面などは土曜は晴れで気温も高く、

夜中もそれほど冷えないようだ。

日曜も、予報どおりなら午前中は降らないかもしれない。

ムスメは遊具盛りだくさんのカムイの杜に行きたがったが

撤収のときに雨が降った場合にはオートのほうが楽だろうと思い

「またSLに乗れるぞ!」と説得して、丸瀬布に行くことにした。

 

丸瀬布にはこれまで2度キャンプに行ったことがあり

http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1314198 

http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1356685

そのときは、いずれも第2オートサイトに張ったのだけど、

今回は、一応電気ストーブを持って行くので電源が欲しかったのと

テントサイトの前をSLが通る光景を楽しみたいと思い

第1オートサイトに張ろうと考えていた。

 

荷物を積み込み8時半には自宅を出発。

十勝にいる間はどんより重たく雲が垂れ込める天気だったけど

置戸に近づくあたりから予報どおりスッキリと青空が広がってきた。

ムスメも、「まだ?まだ着かないの?」と

早く遊びたいモードに入っている。

 

道中は順調で11時頃にキャンプ場に到着。

受付を済ませ予定どおり第1オートに入場。

SLを遠すぎず近すぎずに眺められそうな場所を選んで設営。

太陽の光を浴びた新緑が、溢れんばかりに輝いていてホントに心地いい。

 

設営作業でジットリ汗をかいたのでTシャツ姿になり、設営完了の祝杯をあげる。

それから昼食を済ませ、ムスメと約束したSL乗り場に向かう。

もう今さら説明も必要ないかもしれないけど、

昔は実際に使用されていた森林鉄道蒸気機関車 

北海道遺産に指定されている「雨宮21号」。 

吹き上げる蒸気のシブキをときどき顔に受けながら、

場内1周をゆっくりと楽しんだ。

 

雨宮21号で満足したムスメが次に向かったのは

ドォ~ンと構えるこの遊具。

丸瀬布の緑をバックに「どぉ~だ」と言わんばかりに立っている巨大ロボット。

愛称はあるのかな?

雨宮21号と並ぶ存在ということで「鉄人21号」か?

いや、鉄じゃなく木でできてるから「木人21号」か?

いやいや、丸瀬布だから「丸ちゃん」ということにしよう。

 

次はゴーカート。

コースは緑の森の中でとっても気持ちいい。

いつもは私とムスメで乗るのだが、前回のひがしかぐらのときに

ちょっと悪フザケした運転のせいでムスメが怖がってしまい

今回はドライバーをクビになったしまった。

カメラ片手に2人を見送る。

ムスメの遊び欲求にまだまだ終わりはない。

次はオモシロ自転車乗り場へ。

はじめは自転車に乗るムスメの後を小走りで追っていたのだけど

結局私も自転車を借りて一緒に走ってみた。 

尻の動きで進行方向を定めつつペダルを漕ぐという、いつもの自転車とは違う感覚で

なかなか楽しめた。

 

ひととおり遊び終えたところでテントサイトへ戻る。

せっかく第1に張ったのだから、SLが横切る姿も楽しもうと

テント横の芝生でサッカーをしながらSLが来るのを待つ。

「ポォーッ!ポォーッ!」

といっても鼠先輩ではない。もう古いか・・・。

汽笛が聴こえる。

来た来た!

♪緑の中を~走り抜けて~く 真っ黒なエスエル♪ by阿木燿子 (字余り・・) 

鮮やかな新緑の中、汽笛を響かせながら汽車が行く。

ムスメも大喜びだ。

私も、特に鉄道マニアではないが

「貴社の記者が汽車で帰社した」を誤りなく一発変換したときと

同じくらいの爽快感を感じた。

 

辺りが暗くなる頃、夕食を済ませる。

カミさんが温泉の準備をしている間、

私は洗いものをしに炊事場へ。

第1オートの炊事場は、照明が人感センサーになっており、

「消えてもあわてないで、体を動かしてください」と注意書きも貼ってある。

どの程度の動きがないと消えてしまうのか要領がわからず

はじめのうちは、断続的に消えまくり状態。

でもあわてない、あわてない。

ここであわてないのがオトナの男さと自分に言い聞かせ

暗闇の中、スポンジ片手にゆっくりと体を動かす。

でも、ちいさな動きでは点灯しない。

かといって、カクッカクッと大げさな動きをするのは粋じゃない。

「うーん、どのくらい動けばいいんだ?」と思いつつ

上半身のグラインドをだんだんと大きくしつつ、ボーダーラインを探る。

そんな「スポンジを持ったEXILE」のようなことをしているうちに

何とか照明をキープして洗いものを完了し、温泉へ。 

 

ここは、徒歩圏内に温泉があるのも大きな魅力。

トゥルットゥルッのお湯を楽しんでからサイトへ戻る。

この日は、第1オートに2組、第2オートとバンガローはそれぞれ4組くらい、

フリーサイトは利用者なしで、のんびりとできる感じ。

 

夕方まで結構な風が吹いていたので、焚き火をあきらめかけていたけど

温泉から戻ると、ほぼ無風の状態になっていた。

「おぉ~!焚き火の神は私を見捨ててはいなかったぁ~(うれし涙)!!」と

嬉々として焚き火の準備を始める。そんな私は仏教徒だ。

だから、一部訂正。

「おぉ~!焚き火のホトケは私を見捨ててはいなかったぁ~(うれし涙)!!」

なにはともあれ、至福の時間へ。

ムスメを寝かしつけたカミさんも出てきて

2人でまったりと焚き火を味わう。

場内の照明がやや気になるものの、星空も見える。

 

イスにもたれるカミさんが

「あー、オットマンほしいなぁ~」とひとこと。

「お~し。じゃ、やってやろうじゃないか。」と私。

即席、人間オットマンの完成。

夫の足が妻の足を支える夫婦愛。

これがホントの「オット(夫)マン」・・・

ちなみに、私の足は空中に投げ出すようにまっすぐと伸ばしきっているので

この写真を撮りながら、腹筋と足筋はプルプルと悲鳴をあげていた。

 

翌朝は5時頃に目覚め、ひとり焚き火を始める。

そのうちムスメも起きてきたので、一緒に場内を散歩。

昨日の自転車のせいか、それともオット(夫)マンのせいか

足が軽く張っている。

 

第1オートの奥のほうは、さらに緑が濃い雰囲気でいい感じ。

散歩でまたカラダが冷えたので、ふたたび焚き火にあたってまったり。

それからゆっくりと朝食をとる。

空は曇っているものの、相変わらず新緑がキレイ。

ときどきパラッパラッと、雨が落ちてきたような感じもしたけど

撤収を終えるまで何とか雨も降らずに、持ちこたえてくれた。

ムスメは前日の自転車が気に入ったようで

帰る前にもうひと遊び。

乗り方もすっかりマスターしたようで

振り返って余裕のピ~ス!

[ 2009/06/07 11:42 ] キャンプ2009 | TB(0) | CM(0)

2009.5.3~5 ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ

「あ~キャンプ行きたい。」とウズウズしていた私。

今までなら、G.W.はコテージ泊かホテル泊だったが

今年はなんとなくテント泊できそうな気がしていた。

電気ストーブ持参なら・・・。

 

この連休は暖かくなりそうな予報だったし

これは行くしかないと気持ちは固まっていた。

ただ、連休突入の前日、ムスメが熱を出していたので、

場合によっては見送りかなぁという状況。

そんな中、眠りについたら夢を見た。

キャンプに行く準備をしている夢だ。

「アレ持ったっけ?コレは入れたっけ?足りないものはないか?久しぶりだし」

小学校の頃、遠足に行く前夜に遠足の夢を見ることもあった。

これではまるで、私は40を過ぎた今でも、夢見る小学生のようだ。

 

翌朝目覚めると、ムスメは熱も下がり、キャンプに行きたがっている。

よ~し、それじゃ行くかと準備を始める。

"夢見る小学生"の夢は正夢となった。

せっかくの連休だから2泊することにして、行き先は

遊ぶ環境が充実していて、電源もあり、温泉も目の前の

ひがしかぐらに決定。

この時期だから、コテージは埋まってもテントサイトは余裕で

空いているだろうと思いながらも、念のため出発前に電話してみたら

かなり埋まっているとのこと。

我が家も電話予約を済ませ、昼に出発。

 

夕方4時前に到着し、設営を終えて一息ついてから早めの夕食。

半年振りの野外焼肉でシアワセを感じる。

そうしているうちに陽が沈み始めた。

夕食を終えたら、キャンプ場向かいの温泉「花神楽」へ。

中に入ると、いたいたドクターフィッシュ。 

中に手を入れてみると、プチプチと皮膚をつままれるような

イタくすぐったい感じ。思わず声が出る。

ムスメは怖がって手を入れなかったが、

私とカミさんは、魚のお医者さんにお世話になった。

 

温泉をあがってサイトに戻ったら、これまた半年振りの焚き火を楽しむ。

この時期にしては夜もとても暖かく、外にいても心地よかった。

シアワセな気分でテントに入り、眠りにつく。

と、また夢を見た。

「もう帰るのかぁ?せっかくだもの、もう1泊して行こう」

2泊しないで1泊で帰ることを残念がっている私がいたが、

幸いこれは正夢にはならず、予定どおり2日目に突入。

 

翌朝の食事はホットサンド。 

空腹を満たしたら、ムスメが楽しみにしている遊びエリアへ。

一昨年の6月に来たときも楽しんだサイクルモノレールや

ゴーカートに乗って遊んだ後、前回のキャンプでは行かなかった

高台エリアへ行ってみた。

(前回のキャンプの記事は→http://pub.ne.jp/flowsnow/?entry_id=1341313

 

ボート池に流れ込む川を眺めつつ、橋を渡って 

その先の丘を上って

振り返ったら

Oh!マウンテンビュー! 

この高台にはミニキャビンが3棟ある。

この景色を眺めながらまったりするのも良さそうな感じ。

 

それから、この高台にはグリーンスライダーもある。

今回は挑戦しなかったが、距離もあって面白そう。

丘を下りて公園エリアに戻ると、なんだか熱い視線を感じる・・・。

横を見ると、恐竜に見つめられていた。

なんで恐竜なのかなぁ~。

前回は気がつかなかったが、見渡すと何体か巨大な恐竜が

公園の守り神のように鎮座していた。

 

サイトに戻ってから、場内を散歩。 

キャンプ場の最上段エリアだと見晴らしも良くなり、

夜は遠くに街の灯りも見える。

 

次回は、こっちのほうなんかがいいなぁ。

このあたりなら、混雑するお盆時期でも

木々を眺めながらのんびりできそう。 

それにしても、ホントに暖かい。

というより暑いくらい。 

テントの中だと、温度計が30度を超えるときもあった。 

場内の桜も一気に開花。

そんな暑さの中、ビールを飲んだらちょっと昼寝をしてしまった。

至福の時間の後は、これまた至福のおやつタイム。

今日のおやつは、バナナチョコチップケーキ。 

おやつを食べた後は、まったりタイム。

やっぱり中日にダラダラするのはいいもんだ。

早めに夕食を済ませた後は、芝生広場でサッカー。

ムスメもだいぶボールさばきが上手になってきた。 

そうしているうちに、日没が迫ってきた。 

この日もとてもキレイな夕陽。 

夜も穏やかで、また温泉と焚き火を楽しむことができた。

十分に満足できたおかげか、この夜は、もう夢を見ることはなかった。

 

撤収の朝も快晴。

気持ちよく片づけを終えた後は、時間もあるのでジャスコへ立ち寄る。

と、イベント広場にものすごい数の人が。 

もしかしてお笑いの人が来てるかな?と胸を躍らせて見たら

仮面ライダーショーだった。

[ 2009/05/10 02:24 ] キャンプ2009 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

flow

Author:flow
北海道で暮らす
キャンプが好きな男です
週末は家族とのふれ合いを大切に
ギャンブル・女には目もくれず
酒をそれなりに楽しむ 
そんな暮らしを送ってます
リンクは大歓迎ですので
ご自由にお願いします
その際コメントにて
お知らせください

プルダウンリスト
検索フォーム
QRコード
QR